因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

わが日本の国歌や国旗が気に入らぬなら、どこのものが良いのだ?貴様ら、アメ公か、露助か?byケンペーくん

『君が代』強制 都立高卒業式の現状|東京新聞
教員の精神をこわばらせ、生徒に大人社会の“欺瞞(ぎまん)”を伝える現状すら招いている。

 職務命令に逆らうってことは、職を賭す覚悟でやらないといけない。仕事ってのは職務命令で行うものでしょう。それが『君が代』になると、途端に「強制は許せん」とか言うのでは、これこそ「欺瞞」と言えましょう。強制と言うなら、校歌斉唱も制服着用も8時45分始業もみんな強制になりますが、こちらには声を上げない? これは単なる好き嫌いでしかなく、好き嫌いで仕事されてはたまったものではありません。むしろ、強制が嫌なのではなく、日の丸・君が代が嫌いなだけでしょう。侵略戦争の象徴だ、みたいな感じで。どう思うかは勝手ですが、そんな勝手な考え方を生徒に「強制」してはいけませんよね。

 そもそも、国旗・国歌に敬意を払うのは国際常識です。その程度のことも教えない教師に私は子ども(いないけど)を預けたくありません。
ただ一人、不起立だった男性教員(47)は「大人として、人間として生徒に接していきたい。強い者には従った方がいいという、悪い教材に自らがなってはいけない。教職員は皆、強制に反対なんだけど、職員会議での議論はなく、貝のように押し黙っている」と、胸の内を明かす。

 職務命令に従うと「強い者には従った方がいいという、悪い教材」になるんですって!! よくあんた今まで社会人やって来れたね。

 昨年「君が代」斉唱時に起立しなかった教職員は約200人だったそうですが、今年は大幅減とのこと。我が身がかわいいこと、それ自体は責める気はありませんが、逆に言えば、己の思想信条はその程度のものでしかないわけで。
このうち都立大森高校の松原信材教諭(60)は、五日の卒業式で初めて起立しなかった。定年後も嘱託として学校現場に残る道があったが、「これで道を閉ざされる」覚悟で式に臨んだ。

 この人の方がよほど立派ですね。個人的には理解できませんが、その覚悟は天晴れです。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-03-14 01:55 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31