因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

目くらまし

弁当の制限緩和検討 万博協会、首相の指示受け|Exciteニュース

万博、弁当持ち込み緩和へ 認めた方が、と首相|Yahooニュース

 痛い万博になりましたねぇ…
小泉首相は食中毒対策などに理解を示しながらも

 食中毒対策に理解を示しながら、なぜBSE対策では理解を示さんのだ。なんか目くらましっぽくて、ヤな感じだ。

全頭検査緩和/なぜ2年待てないのか|日本農業新聞

 問題は、まだある。米国産牛肉そのもののリスク評価である。月齢判断の問題もあるが、それ以上に心配なのは米国の飼料管理だ。BSE感染源として最も疑われている肉骨粉を使った飼料を、米国では豚や鶏に依然として与えている。製造・保管・輸送でも分離管理がなされていないことを考えると、交差汚染に対する不安は払拭(ふっしょく)し難い。
 
 米国が、いまのようなかたくなな姿勢では、リスク評価に必要な資料の提供を拒む可能性がある。その時、食品安全委員会はどうするのか。リスク判断を国民に委ねるようでは、責任放棄といえる。

 こんな物騒な牛肉の輸入再開を、このままアメリカにゴリ押しされるのでしょうか。万博協会に「ちょっと待て」と言い、アメリカには「ちょっと待て」と言えず、なのでしょうか。情けない男ですね。弁当解禁そのものは結構なことだと思いますが。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-03-31 01:33 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31