因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

死ねるような真理

<東名道事故>小6女子ひいた男性、自殺か 火災車両に遺体|Exciteニュース

 なんともやるせない話である。というより、気の毒すぎる話である。

 それにしても、夜、前を走るバスから女の子が落ちて(あるいは、高速道路上に女の子が転がっていて)、冷静な判断ができるのだろうか。「えっ」と思った刹那、何やら人間らしきものを踏んだようだ… でも、まさか… ニュースで事の次第を知り、良心の呵責に苛まされた、まっとう過ぎる人間が出した結論は、悲劇であった。自殺した男性のご家族の無念さはどこに持っていけばいいのだろう。
私に欠けているのは、私は何をなすべきか、ということについて私自身に決心がつかないでいることなのだ。
私にとって真理であるような真理を発見し、私がそのために生き、そのために死ねるような真理を発見することが必要なのだ
キルケゴール

 この男性にとっての「死ねるような真理」は、良心の呵責だったのか。見習うべき現代人も多いのかもしれない。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-04-01 00:12 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31