因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

外道どもよ

遺体の子供5人身元確認 鹿児島の民家火災|Exciteニュース

民家全焼、子供5遺体発見…両親はパチンコで不在|Yahooニュース

 奇しくも、昨日の記事の続編のようになってしまった。東名高速でバスから落ちた小6女子をひいたらしい男性が自殺した件とは、見事なまでに対照的である。
上野さん方は9人暮らし。上野さん夫婦と、福美さん夫婦の計4人は出火当時、国分市内のパチンコ店に出かけており、恵さんら子供5人だけで留守番をしていた。

 パチンコである。夫婦4人でパチンコである。田舎で娯楽がないとはいえ、夫婦4人でパチンコである。愚劣極まりなき光景である。将来結婚してもこんな夫婦にはなりたくない。
 調べによると、亡くなったのは、上野さんの二女の隼人町立宮内小6年恵さん(12)のほか、長女林福美さん(24)の長男辰巳ちゃん(4)、長女二葉ちゃん(2)、二男拓海ちゃん(1)、二女ひなたちゃん(8か月)。

「昨日で仕事が一段落し、(妻ら大人の)4人で外出していた。(二女の)恵が孫たちの面倒を見てくれていたので、外出してしまった」

 12歳の子どもに4人の子守をさせるのである。「おしん」か。やはり外道である。

 年齢構成もまたいびつである。12歳年の差の姉妹。そして4歳・2歳・1歳・8ヶ月の兄弟。

 家族計画という概念はなかったのだろうか。どう考えても、まっとうな家族計画を実践していたとは思えない。ひょっとして、家族計画という概念そのものを知らなかったのだろうか。その程度であれば、パチンコマネーが北朝鮮に渡り、ミサイル開発の資金になり、そのミサイルが我々に向けられていることなんて露にも思ってないだろう。

 そんな連中に良心の呵責なぞ存在するのだろうか。我が子の断末魔を想像できるのだろうか。己の不始末で子どもを亡くしたのである。我が手で我が子を殺めたと言ってもよい。ふつう、その良心の呵責に自己の生は耐えられるだろうか。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-04-02 00:53 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31