因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

2010年飯田線の旅 その4

c0048467_115034.jpg


c0048467_1143537.jpg さて、田本駅である。私は2007年10月に小和田駅と共に訪れている。その時は駅を出てすぐの分かれ道を左に進んだのが運の尽き、あまりの急傾斜の道と倒木に進む気をなくしてすぐに駅に戻るという苦い思い出がある(右写真)。なので、今回は右に進んでみようというわけ。

c0048467_1181585.jpg
 前回の教訓を生かし、今回は右へ。先には吊り橋があるという。(上の写真は2007年10月に撮影したものです)

 こっちは下りである。おお、楽じゃないか。ん、柵なんか前来た時はなかったぞ。ちょっとずつ秘境駅も開発されつつあるのか。

c0048467_115333.jpg
 やっぱり倒木だ。まぁ、行く手を遮る程ではないが。

c0048467_115459.jpg
 立派な吊り橋じゃないか。純粋な利用者は何人くらいだろう!?

c0048467_1155515.jpg
 その吊り橋からの眺め。時が止まったかのようだ。…が、ここからがキツかった。延々と上り坂なのである。軽い登山である。お土産がパンパンに詰まった旅行バッグを肩からぶら下げた友人たちが気の毒である。まぁ、企画したのは自分なんだけど。こんなこともあろうかと、自分はリュックサックで馳せ参じた訳で。諸君、秘境駅をナメてはいかんよ。

 何分歩いたか分からんが、舗装された道に出た時はこの上ない安堵を覚えたものだ。文明との再会。で、またこの舗装された道をしばらく歩いて…

c0048467_116179.jpg
 なんてささやかな看板なんだ。駅といえば町の顔、玄関口ではないのか。

c0048467_1163039.jpg
 しかも、この道が駅に行く道とはとても思えん。

c0048467_1164731.jpg
 で、この道がとんでもない急傾斜の下り坂。膝に来るなぁ。その途中でさっきの吊り橋がはるか眼下に見えた。どんだけ登ってきたんだ、俺たちは。ていうか、またあそこまで下っていくのか…。

c0048467_1165831.jpg
 みなさん、ぐったりと座り込んでいますね。お疲れ様でした。

2010年3月14日(日)
飯田8:47(1426M)9:11天竜峡9:22(1506M)10:14小和田11:20(511M)12:05金野12:55(544M)13:09田本15:27(554M)18:13豊橋18:20(5129F)19:12名古屋19:35(のぞみ59)20:26新大阪

[PR]
by seiwadai_walker | 2010-04-15 01:21 | テツ
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30