因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

JR西日本は本当にもう駄目かもしれない。

勝谷誠彦の××な日々。(4/27)

驚いたことにJRの腕章を付けた黒いスーツの職員がその現場の周辺をウロウロしている。私は日航機の事故の時を思い出した。あの時は機体回収を手伝おうという熱心さから残骸に近づこうとした日航社員たちさえ警察によって厳重に阻止された。被告になるかもしれない人間たちに証拠を触らせるわけはない。事故調査というのはそういうものなのである。昨日書いたようにJRが先にレールの粉砕痕の写真を撮って公表するという行為がいかに逸脱したものであるかがわかるだろう。私が見ていた時もJRの社員たちは調査委員たちが現れる前から現場をウロウロしていた。何のためにいるのか。しかもその中の二人は白い歯を見せて談笑している。一人が手に下げているのはヨドバシカメラと書かれた紙袋である。100メートルほど離れたマンションではまだこの時点で30人ほどもいる生死不明の人々の救出が続いているのである。どうやら福知山線では黒い背広を着た鬼畜が列車を走らせていたらしい。

[PR]
by seiwadai_walker | 2005-04-28 00:12 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31