因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

もたない男

c0048467_21573665.jpg
 著者の中崎タツヤ氏は捨てずにはいられないそうだが、私は真逆である。捨てられない。とかいいながら、昔清掃のバイトをしたときは勤務先でガンガン捨てまくって(もちろん許可を得て)、スッキリして帰って来たものだから、捨てる、というかきれいになるのは嫌いではない。

 が、あれは他人の物だから出来たことで、自分の物だと「あ、これは北海道の古本屋で見つけた本じゃないか」とか、「お、このCDはヤフオクで激戦の末競り落としたやつじゃないか。最後まで食らい付いてきたあいつはしつこかったなぁ」といった按配で思い入れが少なからずあるので、捨てるのは余程の熟慮を要する。

 だから、去年の本棚の様子はこんな感じだったが、
 ↓
(引越し直後で、まだスカスカだったという事情もある)

 今ではこの有様だ。
c0048467_21584027.jpg

c0048467_2235844.jpg

 き、汚ねぇ…。

 なので、何か参考になることはないかと読んでみたが、「捨てるのが性癖」とか言われたら、こっちとしては何の参考にもならん。

 本を買っても読んだら捨てます。

 というか、読むそばから読み終わったページを破って捨ててしまうこともありました。

 例えば小学校、中学校の卒業アルバムは卒業したらわりとすぐに捨てていました。

 う~む。徹底している。とても真似できない。

 私も一〇〇円ショップで二個一組の糊を買って、すぐに一個捨てますが、これは単品で糊が売っていないからです。

 これは微妙に分かる。私の場合は、乾電池ですね。さすがに捨てはしませんが、余った電池は基本、行方不明になる。見つかっても使用期限切れの場合もありますんで、探す手間を考えたら結局最初から捨てた方が早かった、みたいな。

もたない男

中崎 タツヤ / 飛鳥新社


[PR]
by seiwadai_walker | 2011-05-13 00:03 | 読書
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31