因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

思い出の『全国駅前銭湯情報』

c0048467_22103541.jpg 引越しの荷物を整理していたら(まだやってんのかよ)、懐かしい本が出てきました。

 学生時代は、いかにして安く遠くまで行くかが至上命題だったので(使うのは当然青春18きっぷ)、宿などもってのほか、夜行列車を乗り倒して旅をしたものです。

 夜行列車連泊をしていると、問題になるのは風呂です(あとはコンビニといった食糧事情。今ほどコンビニが怒涛のごとくあるわけではなかったので、特に地方で深夜帯の食料確保は切実な問題でした)。やはり夏場は毎日風呂に入って汗を流したい。でも、旅先で風呂がどこにあるかなんて、まぁ見当もつきません。今ならネットでちょちょいと調べられますが、かつてはそんなの無理、ていうかなかったし。

 そうした中で、本書の刊行は自分にとって福音到来、まさにバイブルとして使い倒しました。

c0048467_22105069.jpg
 原宿の銭湯は、「ムーンライトえちご」に乗る前に行った記憶があります。原宿といえば、「若者の街」といったイメージで、銭湯があるイメージは全くなかったので、その存在に驚いたもんです。他には、函館や別府、長野とかでも使った気がします。

全国駅前銭湯情報の創刊と改訂版について

この本を手に北海道に渡った方も少なくなく、当時は函館~札幌間の快速「ミッドナイト」も運転されていたため、函館駅近くの「若松湯」では、「夏になると、毎晩紫色の本を持った人がたくさん来る」という話も聞きました。

 おぉ、行ったよ、「若松湯」!! 「ミッドナイト」もなつかしー。

 夜行列車も廃止が進み、ホテルに泊まるのがフツーになってしまったので、旅先で銭湯を利用する機会もずいぶん減りました。最後の利用は、2007年に九州へ行った時の、別府にある「駅前高等温泉」ですかね。

 '96~'97年版を最後に改訂版の出版はなくなりましたが、ネットでの情報提供は現在も続けられています。かつての職場の近くにある銭湯が載っていたのに思わず失笑。いつか行ってやろうと思っていましたが、転勤のため行かずじまいになってしまいました。

駅 前 の 湯(旧全国駅前銭湯情報編集室)

全国駅前銭湯情報〈’96~’97〉

STUDIO夢銀河


[PR]
by seiwadai_walker | 2011-05-14 00:22 | 読書
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31