因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

三江線でひとりぼっちになる記

 高速道路休日1000円最終日(6/19)ということで、JR三江線に乗ってきました。乗るだけなら7年前に乗っているので、どこかの駅で降りてみたいと思ったわけです。とにかく本数が少ないので、クルマで三次駅まで乗り付けて、列車に乗り込みました。

 5:47発の始発列車に乗り込む。これを逃すと次は9:57までない。まぁ、とんでもないローカル線ですが、乗客も私の他には地元のおばさん1人だけ。つまりまともな客はおばさん1人だけ。そのおばさんも江平で降りてしまい、とうとう一人ぼっちになってしまった。乗客が自分ひとりになったのは、昔、もう10年以上前になるか、夕張に行った時、折り返し列車がしばらく1人だけだったのを思い出す。

c0048467_2265848.jpg
 しかしまぁ、こんなところを走るのだから、お客が少ないのも無理はないが…

c0048467_2271617.jpg

c0048467_2272637.jpg
 目的地は宇都井駅。当然、降りるのは自分ひとりだけ、乗る人もいない。

c0048467_2274533.jpg
 ここの駅の最大の特徴は、高さ30メートルの高架上に駅が設置されていることでしょう。ホームからの眺め。

c0048467_22819.jpg
 地上とは116段の階段を伝って昇り降りしないといけないのだが、エレベーターなんぞない。ウィキペディアによると2008年の乗車人員は0人/日とのこと。それでは設置する意味もなかろう…。

c0048467_2281232.jpg
 これだけ見ると、団地の階段みたいですね。

c0048467_2282449.jpg
 遠景。静かなところです。

c0048467_2283559.jpg
 階段の各踊り場には励ましのポスターが。

c0048467_2284849.jpg
 待合室はきれいに整えられている。地元の人に大事にされているのだろう。駅ノートもありました。しかし、虫が多い。とにかく多い。

c0048467_2285970.jpg
 三次方面は9時間以上間が開く時間帯がある。これは壮絶な世界だ。私は8:17の列車で三次へ戻ったのだが、驚いたことにもう一人お客がいたのである。駅なんだからお客がいていいのだが、そこそこお年を召された方のようにお見受けしたので、あの階段をズンズン昇ってくる様子には刮目させられた。
[PR]
by seiwadai_walker | 2011-06-21 02:34 | テツ
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31