因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

朝日新聞が「自由の番人」気取りなのが問題だ

 15日の朝日新聞の社説にはちょっとびっくりした。てっきりスルーするのかと思っていたのですが。
蔵書廃棄 自由の番人でいる重さ|朝日新聞7月15日社説

 この裁判をおこした「つくる会」の教科書について、朝日新聞は社説で「近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観で貫かれ、教室で使うにはふさわしくない」と主張してきた。だからといって、会の関係者らの著作が図書館から消えていいとは思わない。
 もし、裁判勝っても同じこと書いたのかなぁ?
蔵書廃棄 自由の番人が示した良識
 みたいなタイトルで社説書いたんじゃないか?
朝日新聞は社説で「近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観で貫かれ、教室で使うにはふさわしくない」と主張してきた。
 だからといって、歴史観は多様であっていいはずなのに、図書館から消えてはいかんが、学校からは消せ、という主張がまかり通っていいとは思わない。

 「近現代史を日本に都合よく見ようとする歴史観で貫かれ、教室で使うにはふさわしくない」、とポイントをきっちり抑えているのがさすが。もっとも言いたかったのはこれなんだろうな。地団駄踏みながら書いてる光景が目に浮かびます。
【参考】
<つくる会書籍>廃棄訴訟、東京高裁に差し戻す 最高裁|Exciteニュース

[PR]
by seiwadai_walker | 2005-07-16 00:07 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30