因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

「完敗」と言う野田聖子、最後は大勝利するか

野田聖子氏も法案賛成へ 「反対の政治主張、完敗」|共同通信

<郵政民営化>野田聖子氏、賛成へ 「国民の声と理解」|Exciteニュース

 岐阜で一揆が起こることを祈ります…

 だが、小泉首相は、反対派の殲滅にやや引いた姿勢でいる。自分で蒔いた種なのに。
反郵政派の一律処分には否定的 金子議員の質問に首相が見解|中日新聞

「理論上は『一度選挙が終われば、公認候補以外は復党させない』といえるが、毎回自民が大勝できるほど政界は生易しいもんじゃない。個別に対処していかなければならないと思う」と述べ、一律処分には否定的な見解を示した。

 何か考えているのかもしれない。「政局」を考える小泉首相である。
組閣人事のサプライズとポスト小泉 - 野田聖子の復党と入閣|世に倦む日日

郵政民営化法案成立後の閣僚人事は誰もがあっと驚くサプライズ人事になる。目玉は野田聖子の赦免と入閣だ。小泉首相は郵政法案への支持と「小泉改革」への忠誠を条件に野田聖子の復党を許し、許すどころか新内閣の総務大臣に抜擢するだろう。郵政民営化の騒動で軋んだ党内の歪みを寛容の大団円で修復演出して、文字どおり自民党を小泉党にするのである。そして反対派の象徴的存在だった野田聖子に所管大臣として郵政民営化を執行させるのだ。これ以上劇的なドラマの筋書きはない。

 ひょっとするのかもしれない。もし実現したら、我々は、一連の小泉劇場という壮大な茶番に踊らされていたことを思い知ることになる。個人的にはこっちの方が一揆モノなのだが、果たしてどうなるのか。「小泉さんって器が大きい!!」とかいうことになるのだろうか。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-10-10 00:35 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31