因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

映像の世紀


 『映像の世紀』のDVDが11月に再発売されるようです。懐かしい番組です。こういうのはやはりNHKでないとできないと思います。加古隆氏による音楽も良かった。

 とにかくショッキング映像のオンパレードで、20世紀に限った話ではないんだろうが、とにかく殺戮ばかりしていたんだなぁ、と。重い番組でしたね。個人的には、アメリカが核戦争を想定して実際に原爆を爆発させて、そこで演習をしていたことが衝撃的でした。
爆発の瞬間、辺りは真空状態の様に感じられた。
全てが死に絶えたように静まり返った。
そして猛烈に明るい光。
僕はとっさに手で目を覆った。
だがまるでX線を浴びた様に指の骨が白く透けて見えた。
その後大音響と共に地面が激しく振動した。
耳を塞いでも轟音が響き、頭が破裂しそうだった。
空を見上げると巨大な火の玉が僕達ちょうどの真上にあった。
原爆を知るまで僕は健康的で無邪気な17歳の若者だった。
しかし爆発の瞬間、僕は悪魔の存在を想い以前の自分では無くなってしまった。
この世は死の世界と幸福の世界からできている。それらは薄い膜で隔てられている。
僕はその膜を突き破り、死の世界を覗いてしまったのだ。
僕達は爆発の後前進し、強い放射能の中に入っていった。
この演習からまもなくして、僕の髪は抜け始めた。

                        ――原爆演習参加兵士の回想より

 しかし、相変わらず高いですなぁ…普通再発されるときは値段が下がるもんじゃ…
【参考】
映像の世紀テンプレート集

[PR]
by seiwadai_walker | 2005-10-15 16:11 | 雑記
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31