因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

あけましておめでとうございます

普天間移設の新振興策、那覇―名護に鉄道を検討|gooニュース

 政府・与党は29日、米海兵隊普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のキャンプ・シュワブ沿岸部(名護市)への移設について、地元の理解を得るため、同県北部の新たな振興策を策定する方針を固めた。

 目玉事業として、名護市と那覇市とを結ぶ鉄道の建設、那覇空港への新滑走路建設などの交通基盤整備計画を検討している。在日米軍再編の最終報告が来春策定された後、新振興策をまとめる考えだ。

 かつて沖縄には鉄道が存在しましたが、太平洋戦争末期に運行を停止し、そのまま廃止になりました。その後、モノレールという形で沖縄に鉄道が復活しましたが、またもや鉄道建設案が。距離にして60キロだそうなので、普通鉄道での建設でしょう。「乗り鉄」派には楽しみが増えましたが、戦争で潰れた鉄道が、米軍基地建設の見返りで復活するとは、まったくもって戦争という因果な歴史を背負ったものだと思います。

 【参考】沖縄の鉄道|ウィキペディア
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-01-01 23:20 | テツ
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31