因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

驕れる人も久しからず…その4

[SBIホールディングス]北尾CEO、堀江容疑者を批判|ライブドアニュース

 ◆ライブドア株の大型分割を「資本市場を汚す」と義憤にかられて批判したが、今回の事件で思ったより早く、ショッキングな形で裏付けられた。堀江さんのニッポン放送株買い占めからまだ1年たっていない。この間に堀江さんは選挙に担ぎ出され、日本経団連も全会一致で加入を認めた。指導者たちの見識を疑う。

北尾CEO一喝「非常識極まりない」|日刊スポーツ

「資本市場は公共財なんです。皆が利用して、育てて、発展させていく。それを悪用して、自分の会社や個人の利益のために使おうなどというのは、許されるべきことではない」と強く批判した。

 北尾氏については、人ですから好き嫌いはありますし、今日の地位に辿り着くまでに色々あったとは思いますが、堀江容疑者とは風格の違いを感じます。昨日今日掌返して堀江批判し出した輩とはまるで違います。その見識は正しく評価されるべきだと思います。

 彼は言うだけではなく、実践しているのですから立派なものです。「世の中に温かい家庭ってあるんですか」と嘯く堀江容疑者には理解出来なかったことでしょう。
SBI子ども希望財団

【経済】 「私はずっと警鐘を鳴らしてきた」 以前堀江氏をビビらせた北尾CEO、一喝

28 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2006/01/22(日) 12:25:18 8iLC1/OU0
北尾氏が信用できるのは、
彼はずっと恵まれない施設を援助してきたことだ、
私腹のみを豚のように肥やし続けるホリエとは格段の差。


Yahooブックスインタビュー 北尾吉孝

「ライブドアの堀江さんが書いた本を読んでみましたが、非常に浅薄、奥行きゼロ。ここから何を学べというのか。このような浅薄なものばかり読んでいても、人生の深みが出てきようがないですよ。(略)世俗的、経済的な成功は、結果として得られることに過ぎません。それよりも、正しく生きること、周囲の多くの人に利を与えることのほうがよほど大切です 」

――こういう話を聞いたことがあります。目の前に溺れている人と、浮かんでいるカネがあったら、先にカネをつかむのが社長の資質だ、と。

「バカバカしい。人の生命がいかに大切か、それがわからない人が人の上に立てるはずがありません。(略)人に人徳があるように、社には社徳がある。社徳は、個々の人材の徳を高め、会社として直接的、間接的な社会貢献を繰り返し、徳積みをしてはじめて身につくもの。社徳があって、はじめて尊敬される会社になっていく。そのためには、トップが率先して徳を磨かなければならないのに、生命よりも先にカネに手が出るとは、語るに落ちる。そういう人は、短期的に成功するかもしれないけれど、長いなかでは必ず失敗するでしょう」

 一見古臭そうなこと言ってる感じがして、堀江支持者にはかつて反発をおおいに喰らったようです。私は至極まっとうなことを言ってると思ったのですが。
北尾吉孝語録|ブログで収集!Blog-Headline

 かつて北尾氏を批判していた人は、ライブドアの現状を見て、何をどう思うのでしょうか…?

 北尾氏は実家が漢籍を扱っていたこともあって、中国古典を諳んじているそうですが、やっぱり昔の人の言うことを馬鹿にしてはバチがあたりますね。
94 名前:名無しさん@6周年:2006/01/22(日) 12:44:58 IvuoQO/I0

この人は、清濁併せ呑む器量をもった大人の印象。
そして肝が据わった凄腕って感じがする。
対してホリエは子供。存在感やオーラが全く違う。

ま、どっちも危ない橋を渡ってきたから叩けば埃も出るのでしょうが、
俺はこの人好き。
部下には絶対になりたくないけどね。

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-01-27 00:47 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30