因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

21世紀の灯台である山田知事の温かい懐から生まれた新世紀第二トンネルは歴史的建造物であり偉業なのだ

c0048467_064846.jpg

 国道477号線は、大阪府池田市から兵庫県、京都府、滋賀県を経て三重県四日市市を結ぶ、近畿を大きく周回する道路である。その国道477号線の園部町(現南丹市)の殿谷峠でトンネルを掘っていたのは、去年の春頃通った時に気づいた。確かに、この峠の区間は道が狭く、交通量は大したことはないようだが、大型車は難儀していたので、それなりに意義はあるのだろう。以前通った時は何分かかって峠を越したかは覚えてないが、トンネルだと10秒ほどで通過できたのだから、安全性は格段に向上した。

 で、名前が「新世紀第二トンネル」。安直である。なんだかテキトーな感じがしてすっきりしない。ところが立派な意味を背負っていたのである。
新世紀第二トンネルが開通へ|京都府政レポート

山田啓二京都府知事の温かい懐から生まれた、京都府下郡部住民待望のトンネルは、「新世紀第二トンネル」と呼ばれる。これはまさに21世紀の灯台である山田啓二京都府知事を冠した、京都府下郡部住民が誇りとする歴史的建造物であり、永代に渡り山田啓二京都府知事の均衡府政と先郡偉業を殿谷峠に伝えることであろう。
 なんか歯が浮くようなマンセー記事だ。北の国の将軍様のニュースみたいだ。つか、大げさすぎではないか。偉業を称えるのもいいが、もう少し地名を大事にしてもよかろうに…

c0048467_061353.jpg
↑左が旧道。バリケードで進入禁止になっている。ゆくゆくは自然に還るのだろうか… 廃道ファンのみなさん、一度お越しになってはどうですか?

c0048467_062592.jpg
↑この道幅で峠に入っていた。国道としては貧相である。

【参考】
一般国道477号殿谷道路(新世紀第二トンネル)|南丹広域振興局
【池田】国道477号線を語る【四日市】|2ちゃんねる
国道477号線|3ケタ国道走行記
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-06 00:16 | 雑記
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31