因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞

「雑誌ジャーナリズム賞」に週刊朝日など|朝日新聞

 05年の「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」の授賞パーティーが17日、都内であった。大賞は「里谷多英『泥酔公然ワイセツ事件』」(週刊文春3月10日号)で、スクープ賞には「杉村太蔵代議士がヒタ隠す『婚約破棄と中絶』」(週刊ポスト10月14日号)と「マブチモーター会長宅強盗殺人・放火事件で主犯が自供」報道(週刊朝日12月9日号ほか)が選ばれた。

 ジャーナリズムというものは、国民が憤慨するような巨悪を白日の下に晒すものだと思っていた。里谷多英の事件もそれはそれで立派なネタなのだろうが、大賞と言うには、もっと暴くべき巨悪があるんじゃないのか、と思ってしまう。何ともスケールが小さいですな。

 どうでもいいですが、里谷多英の記事の正式(?)なタイトルは「大不祥事と離婚発覚! 里谷多英『泥酔公然ワイセツ事件』フジテレビ社員の金メダリスト夜の大開脚」だったのですが、さすがに「夜の大開脚」はまずいと思ったのか、朝日新聞は削ってますね。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-03-19 20:03 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30