因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

セコ過ぎる

政府・与党に小・中教科書貸与論が浮上、文科省は反発|読売新聞

 小中学校で教科書が児童・生徒に無償で配布されている制度を廃止し、貸与制や有償制などを導入する構想が政府・与党内で浮上してきた。

 義務教育費を削減するため、財務省などが提案し、自民党内の一部にも理解を示す意見がある。ただ、文部科学省は「無償配布制廃止は教科書に書き込みができないなど、学習にも影響する」と強く反発しており、議論の先行きは見えていない。

 教科書無償措置法では、国が教科書購入費を全額負担し、全小中学生に無償配布することを規定している。2006年度の教科書費用は約395億円。

 4月27日に自民党本部で開かれた歳出改革に関するプロジェクトチーム(一般分野)の会合で、財務省は小中学校教科書について、「先進7か国で無償配布しているのは、日本とイタリアだけだ」などと指摘した。

 世界に誇りうる素晴らしい制度だとなぜ胸を張らないのか。教育を目先の損得勘定で決めている人間に愛国心はあるのか? まさかそんな人間が愛国心の涵養を叫んだりしていたら笑止である。米百俵の精神はどこへ行った??
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-05-11 19:57 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31