因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

証言合戦

米公文書に「軍命」慶良間・集団自決/発生直後の住民証言|沖縄タイムス

 沖縄戦時下の慶良間諸島の「集団自決」をめぐり、米軍が上陸直後にまとめた資料に、日本兵が住民に「集団自決」を命令したことを示す記録があることが、二日までに分かった。関東学院大学の林博史教授が米国立公文書館で発見した。記録は一九四五年四月三日付の「慶良間列島作戦報告」。慶留間島の住民への尋問で「住民らは日本兵が米軍が上陸してきた時は自決せよと命じたと繰り返し語っている」と記述されている。

 証言ですからねぇ。自決命令書みたいなのが出てきたら事件ですが。これ↓を意識しているのは間違いないでしょう(これも証言ですが…)。
「軍命令は創作」初証言 渡嘉敷島集団自決 元琉球政府の照屋昇雄さん|iza

 同じ証言を引き合いに出すならば、リンドバーグのそれを出してみましょう。
米軍の残虐行為:リンドバーグの衝撃証言

*各地の太平洋戦線で日本人捕虜の数が欧州戦線に比し異常に少ないのは捕虜にしたければいくらでも捕虜に出来るが、米兵が捕虜を取りたがらないから。手を上げて投降してきても皆殺しにするから。

*捕虜を取らないことを自慢する部隊がいる。

*一旦捕虜にしても英語が分かる者は尋問のため連行され、出来ない者は捕虜にされなかった、即ち殺された。

*捕虜にしたがらない理由は殺す楽しみもさる事ながらお土産を取る目的。

金歯、軍刀はもとより、大腿骨を持ち帰りそれでペン・ホルダーとかペーパーナイフを造る、耳や鼻を切り取り面白半分に見せびらかすか乾燥させて持ちかえる、中には頭蓋骨まで持ちかえる者もいる。

 こういうアメリカ人が沖縄で何もしなかったのでしょうか? 平時でも沖縄ではアメリカ兵によるレイプ事件が起こっているのだから、戦時においてや何をかいわんや。そうした何か悪を隠蔽するために、それ以上の悪を捏造して日本軍になすりつけようとしているんじゃあ、と勘ぐりたくもなりますな。さらに検証が進むことを期待したいです。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-10-04 00:12 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30