因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

やめてくれ~

海上版チェルノブイリ?ロシア原子力庁が近く海上型原子力発電所の建造に着手|テクノバーン

ロシア国内での原子力発電を独占しているロシア原子力庁が油田採掘用の海上基地を利用して海上原子力発電所を建造することを決定した。既に建造を行う造船会社(造船会社といっても原子力潜水艦の建造の実績がある)との契約も終了しており2007年に着工、完成は2010年を予定。その後、チェルノブイリ原子力発電所のような事故が起こらなければ2050年までの40年間に渡って60メガワットの電力を北海道の北東に位置するカムチャツカ半島地域全域に供給する見通しだ。

最大の懸念はこの発電所が第二のチェルノブイリのような事態に陥った場合だ。チェルノブイリの場合は強固な地盤の上に建設されていたことに加えて、事故後に外壁全体を更にコンクリート壁(石棺と呼ばれている)で覆う作業を行ったことが幸いして、被害は最小限度に抑えることができたが、この海上型原子力発電所が炉心溶解のような壊滅的な事態に陥った場合、原子炉の下には海が広がっているために炉心が直接、海面と接触して大規模な水蒸気爆発が起こるも可能性がある。

 記事によれば、ロシアは「過去40年間で6度の「致命的」事故を起こしている」のだそうな。勘弁してほしいッス。

 新たなタカリなのかも。「危ないからやめてくれ」→「これだと安いし。つか金ないし」→「分かった。援助するから安全なところに作ってくれ」→「(゚д゚)ウマー」
どちらにせよ、この海上原子力発電所が原子炉寿命の40年を「致命的」な事故なしに無事に乗り切る可能性は確率的には極めて低いといわざるを得ないだろう。

 こうなると新たな核兵器ですな。
2ちゃんねる関連スレッド
【海上版チェルノブイリ?】ロシアが近く「海上型原発」建造に着手 事故は起こらないと考えるのが難しい

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-10-21 00:03 | 国際
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31