因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

「普通」って

「天皇が来る意味って?」 毎日記者発言ネットで騒動|Exciteニュース

「今回の行事にですよ、天皇と皇后が佐賀に来ることの意味って何ですか」
「非常にこうなんかいろいろとお金も人もかかりそうなんですけれども、このお2人は、このお2人が佐賀に来るということで、そこまでする価値があるんですかね」

普通に県民の感覚として、(経費が)仮に1,000万円だとしましょう、天皇皇后に対して係る経費負担が。今の県の財政状況を考えたら、それすらもったいない気がするんです、僕。(略)教育でも福祉でも困っている人がいっぱいいるわけですよ。世の中の弱者というのは。そういった人たちに目を向けられないのかなと私、疑問に思うんですね」

 「普通に県民の感覚」って、どこの誰の感覚なんだろう。そもそも普通って何なんだろう。この記者にとっての「普通」に過ぎないのであって、これを一般化していいのか。むしろ、こういう言い方は卑怯ではないか。

 天皇・皇后両陛下がお越しになるなんて名誉なことじゃないか。今回退任した柴生進元川西市長も、

市長とティーブレイク(9月8日)

 親王様のご誕生、改めておめでとうございます。

 昨日の読売新聞朝刊の阪神版を見てびっくり致しました。秋篠宮殿下ご夫妻が1995年の7月7日に、阪神・淡路大震災に伴って建てられた川西市の仮設住宅に、被災者へのお見舞いに来られた時の写真が掲載されていました。わが川西市に初めて来られた皇族の方であり、私にとりましても感慨深いものがございます。

 たしか、当日は梅雨明け前の蒸し暑いお天気でした。仮設住宅の住民はもとより、近所の市民の皆さんも大勢歓迎していただきました。私が先導して住宅すべてを回りました。 ご夫妻は、一緒に写真を撮られたり、犬を抱っこされたり、握手をされたり、本当に気安く住民の皆さんに声をかけていただきました。住民の皆さんは大喜びでした。ご質問はほとんど紀子様で、その会話を横で秋篠宮様がうなずかれていたように思います。

 と述懐している。天皇陛下にお越し頂く意味は大いにあるのだ。

 石原都知事なら「君、どこの誰だ? 何? 毎日新聞? 相変わらず程度の低い質問ばかりしてるな。お里が知れるぞ!!」と一蹴して終わりなのでしょうが、佐賀県知事は毅然と受け答えしています。立派なものだと思います。

毎日新聞の在日記者「朴鐘珠」が天皇皇后を佐賀に呼ぶなと知事にかみつく|You Tube

 動画を見て、この記者の偉そうな物言いには生理的嫌悪感を覚えました。もう少しまともなしゃべり方が出来ないものでしょうか? 毎日新聞の品位を貶めかねません。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-11-02 00:12 | 雑記
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31