因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

そして誰もいなくなった

夕張市、再建へ「全国最低」迫られる 職員給与、補助…|朝日新聞

 「総務省が言うのは、とにかく全国の最低レベルで行けということ。病院を診療所にするとか、給料を最低にとか、学校を最小にするとか」

 夕張市の再建計画作りを指導する道庁幹部は言う。今月上旬中にも返済額や期間など骨格をまとめたい考えだが、細かい数字にも総務省のチェックが入る。来年度から始まる市の財政再建計画では、返済が必要な赤字額は300億円近くにのぼる見通し。市の自由に使える財源規模約45億円の6.7倍で、20年余りの長期にわたる前例のない再建となる見込みだ。

 最大の課題は人件費の削減。総務省は給与カット幅の上限が28%と最大級の島根県海士(あま)町の例をあげ、これを上回る給与カットを求めた。

 約270人の職員は、人口などが同規模の自治体のほぼ倍にあたるため、総務省の指示は「最低で半減」。それも「2年間で」という提案だ。「一気に減らしたら行政が動かなくなる」と市の担当者は言う。勧奨退職だけでなく解雇にあたる分限免職も求める場面も。「職員を減らせなければ、その分給与カットを拡大せよ、となる」と担当者。先月末には、4月に入ったばかりの若い職員が退職、役所内にショックが走った。

 市議の議員報酬の「目標」は全国最低の岐阜県本巣市議会の月額22万円だ。9月に31万1000円から24万円(議長などを除く)に引き下げたばかりだが、岡崎光雄議長は「全国最低が求められている」。

 違法起債など粉飾まがいの決算をしていた疑いがあるくらいですから、放漫のツケと言えますが、壮絶ですね。

 それにしても…

赤字地方債、夕張市に容認へ・総務省検討|日経

 総務省は財政破綻した北海道夕張市に対し、財政赤字の解消を目的とした地方債(赤字地方債)の発行を認める検討に入った。早ければ来年の通常国会に、地方財政再建促進特別措置法などの改正案を提出。赤字地方債を認める第1弾となる見通しだ。ただ、意図的な赤字隠しで財政を悪化させた夕張市の責任を問わないまま救済することに、疑問の声も出そうだ。

 大いに疑問だ。破綻した自治体が赤字地方債出して、買う人いるのかしら? 本当に返すアテがあるのか? 最終的には国が面倒見るのか? だとしたら買うのか… モラルハザードも甚だしい。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-11-05 00:08 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31