因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

そりゃまぁそうでしょう

韓日政府レベルでの共同教科書制作は困難|Livedoorニュース

 教科書を含め、韓日共通の歴史認識を築こうとする韓日両国の努力は、国家と民間の双方から同時に進められてきた。1997年には、ユネスコ韓国委員会が日本ユネスコ側に韓日歴史教科書の共同研究を提案し、拒否されたことがある。

 その後、「教科書問題」が再び韓日間の大きな懸案に発展すると、2001年の韓日首脳会談をきっかけとして、両国の合意に基づき国家レベルの「韓日歴史共同研究委員会」が設立された。しかし、この委員会で韓日両国の学者らが3年間にわたって共同研究を進めたものの、共通の歴史認識を引き出すことはできなかった。昨年初めに発足するはずだった第2期委員会は、日本側の事情により遅延し、発足すらできない状態が続いている。そのため、近い将来に韓日が共同で「国定」歴史教科書の制作に乗り出すことは期待し難いのが実情だ。


 歴史認識とは畢竟、歴史観のことだから、思想・言論の自由が保障された日本人の間でもこれは何通りもあるだろう。それを二国間で統一しようと言うのだから、どだい無理な話なのだ。仮に政府間レベルで合意できても、国民がそれを受け入れなければ同じことだ。安重根一つ取っても、韓国、北朝鮮、日本で見方はバラバラだ。韓国に限らず、原爆投下にしてもアメリカと日本の見方は異なるだろう。事実に基づいているのであれば、考え方は色々あっていい。そしてそれをぶつけ合った結果、考えが変わるのであれば、それはそれでいい。でも、そんなことは別に政府がすることではなかろう。すり合わせるのは歴史事実だけで充分ではないのか。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-02-19 01:23 | 国際
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31