因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

まだ分からない

「田中前知事が破棄指示」は作り話 証言の元県参事|信濃毎日新聞

c0048467_0143494.jpg 田中康夫前知事の知事後援会元幹部による県下水道公社の入札方法変更関する「働き掛け」の記録文書をめぐり、県会百条委員会の証人尋問などで「知事から破棄を指示された」と証言してきた岡部英則・元県経営戦略局参事(現阿南介護老人保健施設所長)は28日、信濃毎日新聞の取材に対し、「知事室で指示を受けたことはフィクション(作り話)だった」と明かした。県議有志の告発を受けた県警の事情聴取にも同様の供述をしたという。


 作り話そのものは論外ですし、百条委員会を設置した県議会は責任を負うべきでしょうが、ポイントは次にあるでしょう。

証言を覆した理由について、元参事は、県警の捜査を受ける中で、自分が文書破棄に向けて動きだすよりも前に経営戦略局内で破棄に向けた動きがあったことや知事の関与の可能性が分かってきたため-とした。県警による事情聴取が終わり地検に捜査書類を送付することになったため、明らかにしたという。


 疑惑はまだ晴れないようですな…

76 名前:簡単なまとめ 投稿日:2007/03/02(金) 21:31:25

田中康夫後援会の幹部である下水道業者(小林誠一)が田中に多額の献金
  ↓
田中康夫がその下水道業者に便宜をはかり、入札制度を改悪して「指名談合入札」させる
  ↓
一連の経緯が読売新聞にバレる
  ↓
あわてた田中一味が証拠隠滅に走る
  ↓
下水道幹部が「証拠隠滅しました」と田中に報告
  ↓
田中「ダイジョウビかのぅ」
  ↓
読売の情報公開請求に対して「不存在」と回答
  ↓
田中一味の岡部が裏切って田中批判開始
(間接的に指示されただけなのに、「直接隠蔽を指示された」と偽証)
  ↓
書類送検

岡部の偽証が無かったとしても、捜査を進めるべき案件でしょう、これは。
石原が同じように石原後援会の業者に便宜をはかったら
それも「無罪」でしょうか?大問題になるでしょう。
まあ、それでも無罪だと有権者が判断するならまあアレですけど。

要は、政治家は後援会業者との談合や利益誘導はやるなって事。

【岡部の偽証より前から、康夫の談合ネタはあがっていた】というのを
押さえておきましょう。

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-03 00:20 | 社会
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31