因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

付き合いで二十近い宗教に入信している宝塚市長

公用車で宗教行事に 宝塚市長|神戸新聞

 宝塚市の阪上善秀市長が昨年五月、大阪府茨木市内の宗教法人本部で開かれた行事に出席するため、公用車を使っていたことが分かった。阪上市長はこの宗教の信者といい、「よい話が聞けるからと人に誘われて行った。教養が身に付き、市政の発展にもつながるのだから公務」と説明。

 関係者などによると、阪上市長が出席したのは各地の信者が集う「感謝祭」で、同市長は講話を聞いたり、寺の関係者や信者らにあいさつをしたりして、約四十分間滞在した。宝塚市内からの往復約四十キロは公用車を使い、秘書も同行したという。

 感謝祭への出席について、阪上市長は「付き合いで二十近い宗教に入信している。個人的な信仰とは無関係だ」と説明している。


「よい話が聞けるからと人に誘われて行った」って、自分ならそんなの一番警戒するパターンだ。なんか借金の保証人にもなっていそうな感じだ。

 しかし、「付き合いで二十近い宗教に入信している」ってのはなぁ…。付き合いで宗教ってやるものなのかしら。「阪上善秀」「宗教」で検索したら、色々出てきた。靖国神社に代理人を立てて参拝、かと思いきや、統一教会の合同結婚式に夫人を代理で出席させている。んー、大丈夫か。この節操のなさというか、信心のなさは、まっとうな宗教者であれば怒るべきものだ。少なくとも私がどっかの教祖ならば(なんてありえない設定…)、「票が目当てなら帰れ!!」と一喝するであろう。

 検索していたら、他にこんなのも出てきました。

宝塚市長、県議時代に裏口入学の現金受け取る

 兵庫県宝塚市の阪上善秀市長が県議時代の1989年ごろ、大阪弁護士会所属の弁護士から約1600万円を脅し取ったとして恐喝容疑で逮捕された医療機器販売業、月岡靖憲容疑者(53)(兵庫県西宮市)側から、県内の私立高校の裏口入学の依頼を持ちかけられ、100万円を受け取っていたことがわかった。阪上市長は読売新聞の取材に対し、「100万円は受け取ったが、口利きはしておらず、その後全額返した」と説明している。


 宗教やる以前に、人として終わってないか? だからこそ、宗教に走るのかもしれないが…
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-08 00:32 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30