因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

知事たちによる放言大会

 春です。新年度の始まり。地位ある人にとっては、その新年度の始まるを飾るスピーチを色々なところでする必要があるわけで。

<埼玉県知事>「自衛官は人殺しの練習している」不適切発言|Exciteニュース

 埼玉県の上田清司知事は2日、さいたま市で行われた新規採用職員就任式のあいさつで「自衛官は平和を守るために人殺しの練習をしている。国民の生命と財産を守るため。偉いと褒めたたえなければならない」と発言。それと対比して県職員の仕事について「人を疑ったり痛めつける練習をしなくてはならない仕事と違い、多くの方に喜びを与え、その喜びを自分のものに感じることができる」と語った。

 式の後、上田知事は人殺しという言葉について「適切でなかった。殺傷という言い方をすれば良かった」と述べた。


 「殺傷という言い方をすれば良かった」って、そういう問題じゃないと思うんだけど。

「本質伝わらなかった」と謝罪 宮崎県知事がタミフル発言で|Exciteニュース

 宮崎県の東国原知事は、入庁式の訓示で「タミフルを飲んだので異常行動を起こすかもしれない」と発言したことについて、2日の記者会見で「不快に思われた方がいたと思う。申し訳ありませんでした」と謝罪した。東国原知事は「ブラックジョーク的に社会風刺したつもりだったが、本質が十分に伝わらなかった」と釈明。一方で「自由な言論の枠内」「訂正を求められるのはいかがなものか」とも述べた。


 風刺で辞書を引くと、「社会や人物の欠点・罪悪を遠回しに批判すること。また、その批判を嘲笑的に表現すること。」とある。タミフルに対しての風刺だろうが、タミフルと異常行動の因果関係がまだ証明されていないので、この場合風刺としては成立しないだろう。自らの不明を恥じるべきであって、「自由な言論の枠内」とかいうのはどうかと思う。

愛知・神田知事が「弱い悪い遺伝子」発言、後に弁解|朝日新聞

 愛知県の神田真秋知事が2日、同県自治センターで開かれた新規採用職員の入庁式の訓示で、行政の役割について触れるなか、障害などハンディキャップのある人について「弱い遺伝子、悪い遺伝子を持った方」と表現した。神田知事は、その後の記者会見で指摘を受け、「もうすこしいい表現を使えば良かったかもしれない」と釈明した。

 神田知事は訓示で、「全体の奉仕者の考え方」として、「生き物の宿命として、弱い悪い遺伝子も中にはある。そういう弱い遺伝子、悪い遺伝子を持った方、(遺伝子が)表へ出た方にも、やはりきちんとした対応をしなければいけない」と発言した。


 ドラマ『ザ・ホワイトハウス』が好きでよく見るのですが、ホワイトハウスの広報官が、大統領のスピーチをとことんまで練りこんでいる姿は感心させられます。大統領としての品格、表現一つ一つを仔細に検討し、揚げ足を取られることはないか、配慮を欠いたものはないかなど…。アメリカでは大統領のスピーチライターが20人もいるそうです。首相官邸でそういったことをしようと言っている段階なので、知事レベルではどうしようもないのかもしれませんが、もう少しスピーチ原稿は推敲した方がいいでしょうなぁ。

 ついでながら、前原誠司氏も首相のスピーチには苦言を呈していました。

前原誠司の「直球勝負」(23)~ 防衛庁から防衛省へ 何が日本の防衛に欠けているのか ~

中曽根元総理は原稿なし。80代半ばとは思えない明晰さと説得力で聴衆を魅了した。話が終わると、自然と拍手が起こった。それに比べて安倍総理の話は本当につまらなかった。拍手も起きなかった。感動させるものがなかった。総理大臣は色々なところでスピーチをする。すべて、ノー原稿、アドリブでやるのは難しいだろう。しかし、節目節目の大事なスピーチは、原稿を良く練り、読まずに演説を行うべきである。是非、安倍総理には今後、心掛けてもらいたいものだ。

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-03 00:58 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30