因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

平和と言えば平和なのだろうが

11期連続の無投票当選へ|サンスポ

 尾瀬の玄関口として知られる福島県檜枝岐(ひのえまた)村の村長選は、1967年から現在まで10期、無投票当選が続いている。かつて村長選で村を二分し、しこりを残したことが影響したとみられ、17日告示の村長選も16日現在で立候補を表明しているのは1人だけ。連続無投票を更新するか注目が集まっている。

 檜枝岐村で戦後、村長選が行われたのは51年と63年の2回。いずれも同じ顔触れの2人が対決した。住民のほとんどが幼いころから顔見知りという、この村での激しい戦いは「親戚(しんせき)同士の対立を招くなど、村の中に暗い影を落とした時期もあった」(元村長)という。

 旅館経営の男性は「議員選ならともかく、小さい村にとって村長選をしていいことは何もない」と言い切る。


 と言い切っていたのに…

無投票に終止符 44年ぶり村長選 福島・檜枝岐|朝日新聞

 連続10回無投票が続いた福島県檜枝岐村の村長選が1963年以来の選挙戦となった。現職が引退を表明し、前村議会議長で旅館業の星守氏(59)以外に立候補の動きはなく無投票になると見られていたが、17日に前村総務課長の星光祥氏(56)が立候補を届け出たため、2氏の争いとなった。


 ついに選挙。

 しかし、ある意味すごい談合社会だ。地縁血縁も大事ですが、それで政治や行政をやってる時代じゃないですし。地縁血縁の影響を相対的に低下させるためにも、分母の数を増やす、すなわち市町村合併を推進した方がいいのでしょうか。以前取り上げた記事なんかを読むと余計にその感を強くしますな…。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-18 00:16 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30