因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

ドラえもん最終話で泣く

「ドラえもん」最終話、勝手に出版した男性が謝罪|朝日新聞

c0048467_0421368.jpg 電池切れで動かなくなったドラえもんを、35年後にロボット工学の第一人者になったのび太がよみがえらせた――。藤子・F・不二雄さんの人気漫画「ドラえもん」の「最終話」と称する冊子が出回っている。「ドラえもん」の出版元の小学館は29日までに、無断で漫画化して出版した男性(37)が、同社と藤子プロに謝罪して今後同様のことをしない旨を誓約、不当な利益を得たことを認め、売上金の一部を支払ったことを明らかにした。


 今回、初めてこれを読みましたが、泣いた。いい話だ。

 今日のアニメ版の醜態を思えば、「こっちの方がよっぽどマシじゃないか!!」という思いに駆られる。藤子プロと小学館には、これに負けないいい話を作ってくれることを望む。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-30 00:44 | ドラえもん
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31