因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:近畿「道の駅」めぐり( 7 )

「道の駅」めぐり【番外編】風穴の里

 ネタがない時の道の駅頼み…

近畿「道の駅」めぐり【番外編】
風穴の里(長野県松本市)
c0048467_0495669.jpg

 「風穴」とは「山腹・渓間などにあって、夏季に冷たい風を吹き出す洞穴」のこと。ここから野麦街道(国道158号線)を約2キロ下ったところの稲核ダムの周辺に約20ほどあるそうな。

 ちなみに、ここはダム3連発が楽しめる。下流から前述の稲核ダム、当駅の目の前にある(よく見えないが)水殿ダム、そして3つの中では最大の奈川渡ダムである。奈川渡ダムは、堤頂部を国道158号線が通っており、ダムマニアにはたまらないエリアと言えよう(それは私だ)。

 松本から上高地、安房トンネルを経て高山へ抜けるルート上にあるため、よく賑わっていた。
c0048467_0502471.jpg

c0048467_0503944.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-09-28 00:51 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(6)丹波おばあちゃんの里

近畿「道の駅」めぐり(6)
丹波おばあちゃんの里(兵庫県丹波市公式紹介ページ

c0048467_2356786.jpg

 8日にオープンした道の駅「丹波おばあちゃんの里」へ行って来ました。かつて道の駅スタンプラリーをした時は、怒涛のごとく道の駅を巡り、なんかもうみんな同じ様に思えてきてすんごく疲れて、もういいやとなったもんでしたが、新規オープンと聞くとついつい出掛けてしまうのでした。

c0048467_23562845.jpg
 オープンしたばかりということで活況を呈していて、駐車場も満車が続き、私は1キロほど離れた臨時駐車場へ行き、そこからシャトルバスで送迎してもらいました(利用状況は芳しくなかったですが)。

c0048467_23564436.jpg
↑餅つき大会の様子。オープン記念のイベントの一つですな。餅つきを直で見るのは何年ぶりだろう…。

c0048467_23565524.jpg
 「弥生時代の集落跡として知られる西日本最大規模の複合遺跡「七日市遺跡」を中心とした遺跡公園も備えた道の駅である」というので、どんなものかと思ったら、思ったほどではなかったような…

c0048467_2357511.jpg
↑こんな感じだったらしい。どうせなら復元してほしかった…
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-10 00:01 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(5)うずしお

近畿「道の駅」めぐり(5)
うずしお(兵庫県南あわじ市) 公式紹介ページ
c0048467_127860.jpg
 あゆの里矢田川が兵庫県最北端なら、こちらは兵庫県最南端の道の駅。それもまた、淡路島最南端にあり、道路もここで行き止まりとなっている(高速道路は別として)。そのため、通過交通がないので、静かで落ち着いたところと言える。また、レストランからは、大鳴門橋が眼前に広がり、鳴門海峡の眺望が存分に楽しめる。
c0048467_1262496.jpg
 大鳴門橋は道路と鉄道(新幹線)の併用橋として建設されたが、言うまでもなく、新幹線開通は成らず、鳴門側では、現在、鉄道用のスペースを、遊歩道(「渦の道」)として整備、観光資源化している。淡路側では、遊歩道化はないが、橋げた近くまでは行けるようになっている。
c0048467_1351634.jpg
↑こんな感じで、橋げたの鉄道部分が間近に見られる。時代が時代なら、ここを新幹線が…
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-06-27 01:38 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(4)ちはやあかさか

近畿「道の駅」めぐり(4)
ちはやあかさか(大阪府南河内郡千早赤阪村) 公式紹介ページ
c0048467_0122059.jpg

 大阪府唯一の村、千早赤坂村にある道の駅。その小ささは群を抜いている。道の駅建物の中は、これといった見るものもないし、逗留スペースもない。ゆえに、私もスタンプを押して内部を一瞥してすぐに外に出てしまった。滞在時間が最短の道の駅だった。

 そんないささか物足りない道の駅だが、当地は楠木正成の生地であり、それにまつわる史跡が多く、金剛山もあるので観光をするには充分楽しめるところである。

 富田林市・太子町・河南町との合併の計画が進んでいたが、昨年12月に合併協議会の廃止が決定。とりあえず、大阪府唯一の村は存続することとなった。

c0048467_0164946.jpg
 ↑周りに田んぼが広がるのどかなところなのだが。

 さて、今年もスタンプラリーが開催されます。駅数は昨年より2駅増えて全90駅! 私は去年周りきれなかった駅を中心に攻めてみましょうか…
近畿「道の駅」スタンプラリー|国土交通省近畿地方整備局

[PR]
by seiwadai_walker | 2005-06-06 00:28 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(3)

近畿「道の駅」めぐり(3)
あゆの里矢田川(兵庫県美方郡村岡町) 公式紹介ページ

 兵庫県最北端の道の駅。実際行ってみると分かるが、なぜこんなところに?と思わず感じるような所にある。周りには何もない(地図)。あるのは山と川だけ。前を走る道も、交通量は少ない。その意味では自然に抱かれた、静かで大変落ち着ける道の駅と言える。

 建物も和風でこじんまりしていて、内部もいろりを設けるなど、落ち着ける空間作りに徹していて、外も中も感じが良い。もちろん、あゆの里の名の通り、各種鮎料理が食べられる。

 余談だが、村岡町にはここの他に2つの道の駅(「ハチ北」「村岡ファームガーデン」)があり、1町で3つの道の駅があるのは珍しい。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-05-23 00:07 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(2)京都新光悦村

近畿「道の駅」めぐり(2)
京都新光悦村(京都府船井郡園部町)公式紹介ページ
c0048467_0453036.jpg
 京都縦貫自動車道園部インターを下りてすぐのところに位置する。「京都新光悦村」とは、「伝統産業を今に捉え、ハイテク産業との交流により新たな生活文化産業を生み出」し、「これからの産業やモノづくりのあり方を示す新しいスタイルの産業拠点」のことで、現在造成が進行中である。
c0048467_046488.jpg
 地元の農産物などを販売しているのは他と変わりがないが、公式ページにて注文を受け付け、発送してくれるところはなかなか意欲的でいい試みではなかろうか。

 付近の観光スポットには、名勝・るり渓日吉ダム(右写真)がある。

 なお、園部町は来年1月1日をもって、近隣の八木町、日吉町、美山町と合併し、南丹市が発足する。
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-05-11 00:48 | 近畿「道の駅」めぐり

近畿「道の駅」めぐり(1)いながわ

 いかん。今日はネタがない。しかし、2月1日の開始以来、毎日更新を続けている以上、ここでその記録を途絶えさせるわけにはいかない。あ、そうだ、あれを書こう。

 昨年度、近畿「道の駅」スタンプラリーが実施された。道の駅は皆さんご存知だと思う。その道の駅全駅を回るという、過酷なラリーである。しかも、ふつう「近畿」といえば、二府四県、すなわち大阪府・京都府・滋賀県・奈良県・和歌山県・兵庫県を指すものだ。が、しかし、道の駅の世界では、これに福井県が加わり、さらにやる気を萎えさせるのである。福井って、北陸じゃないの? 私も全88駅(当時)制覇を目指したものの、あえなく時間切れ。和歌山なんて、日帰りじゃ回りきれんぞ。

 また、高速道路未整備の地域を走っていたりすると、「やっぱり高速があると便利だよなぁ」と道路族化していく自分が恐ろしく、また情けない。ひょっとしたら、そういう陰謀も含まれているんじゃないのか? いやはや。

 というわけで(どういうわけだ)、これから時々、私が回った近畿の道の駅をご紹介していきたいと思います。


近畿「道の駅」めぐり(1)
いながわ(兵庫県川辺郡猪名川町公式紹介ページ
c0048467_1030658.jpg
 猪名川町のほぼ中央、猪名川の左岸に位置。私の家から一番近い道の駅であり、スタンプラリーもここから始めた。

 農産物販売センターでは、地元の新鮮野菜の販売。レストランそばの館では、町内産の手打ちそばも提供。ここのそばが美味いと評判らしいが未食。又、地域農業情報センターでは地元の農家情報や特産品の乾燥しいたけや糸寒天を販売。個人的には「でっちようかん」を薦めたい。

 元々は「農産物販売センター」「そばの館」だけだったが、予想を上回る来場者があったことから、2003年度に駐車場の拡張を兼ねて、「農産物販売センター」を新たに新築。旧「農産物販売センター」は「地域農業情報センター」に衣替えした。
c0048467_1031660.jpg
↑バスでお越しの際は、阪急バス「川床口」バス停でお降りが便利です。
c0048467_10313734.jpg
↑訪問記念に「記念きっぷ」をどうぞ!
[PR]
by seiwadai_walker | 2005-05-06 10:43 | 近畿「道の駅」めぐり
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31