因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:政治( 110 )

「菅さんをあまり信用してはいけませんよ」

 だいぶ前だが、三宅久之『三宅久之の書けなかった特ダネ』を読んでいて、「お?」と思わせるところがあった。

 菅直人は「市川房枝の選挙事務所代表を務め、選挙参謀として尽力したことが政界入りのきっかけ」となったのはよく知られている。

 ところで市川女史には長年秘書として仕えたKさんという女性がいた。

 菅が橋本内閣で厚相となったころであろうか、筆者はたまたまKさんと同席することがあり、
「菅さんとはどういう人ですか」
 と聞いたことがある。

 Kさんはしばらく黙っていたが、やがて口を開いて、
「ある時、市川先生に呼ばれましてね。Kさん、菅さんをあまり信用してはいけませんよ、といわれたことがありました」
 といった。筆者が驚いて、
「それはいつのことですか、何の話で市川先生がそういわれたのか」
 と矢継ぎ早に質問すると、Kさんはまずいことをいったと思ったのか、それっきり口を閉ざして、それ以上の話は聞けなかった。

  三宅久之『三宅久之の書けなかった特ダネ』(青春新書インテリジェンス)p199

 確かに「何の話で」「あまり信用してはいけませんよ」と言ったのか不思議で仕方なかったが、手掛かりになりそうなものがあった。

名簿を盗む泥棒・菅直人・・・泥棒だもの、嘘つくのなんてお手の物だわ。|二階堂ドットコム

市川房枝氏の「私の国会報告」(昭和52年7月発行第4号)より抜粋。

 

 江田三郎氏が主唱した社会市民連合は無所属ではなく政党だが、その市民の側として私の49年の選挙の際、事務長をしてくれた菅直人氏が「参加民主主義をめざす市民の会」の代表として参加し、東京地方区から立候補した。 私は右の会にも関係なく、社会市民連合への参加や立候補について菅氏から何も相談を受けていないし、他の人たちと同様推薦応援はしないことにしている。

  菅氏は昨年12月5日の衆議院選挙の際、東京都第7区から無所属候補として立候補した。この時は立候補を内定してから私の応援を求めて来た。彼等の意図は理解するが、衆議院の無所属は賛成できないので推薦応援はしなかった。然し50万円のカンパと、私の秘書、センターの職員が手伝えるよう配慮し、「自力で闘いなさい」といった。

 ところが選挙が始まると、私の名前をいたる所で使い、私の選挙の際カンパをくれた人たちの名簿を持っていたらしく、その人達にカンパや選挙運動への協力を要請強要したらしく、私が主張し、実践してきた理想選挙と大分違っていた。

 然し彼等は7万票獲得、大いに意を強くしたであろうが、衆議院で落ちたから参議院に出る、しかも無所属が望ましいのに、社会市民連合という政党に参加したのは賛成しがたい。(中略)

 その後彼は代表している「参加民主主義をめざす市民の会」の総会で、「会に相談なく、会が参加しているように誤解させた」ことを責められ、退会したと新聞に出ていたが、それはきわめてまづい。彼の大成のために惜しむ次第である。

 「ペテン師」「男として、人間として、あるまじき態度」は昔からだったのだ。

三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス)

三宅 久之 / 青春出版社


[PR]
by seiwadai_walker | 2011-06-06 02:45 | 政治

宗男氏の反省

鈴木宗男、佐藤優が出版した「反省」の中身 (ゲンダイネット)

 5年前にムネオ疑惑で逮捕、公判中の鈴木宗男議員と佐藤優外務省主任分析官(休職中)のコンビが共著を出版した。

「反省 私たちはなぜ失敗したのか」(アスコム)。題名から、「不正をしでかした反省をつづったもの」と思いきや、中身は「検察があそこまでやるとは思いませんでした」「男の嫉妬、ヤキモチに鈍感すぎました」「外務官僚の無能さは理解を超えていました」「田中真紀子さんとのケンカに乗せられました」――。

 ちっとも反省しているようには見えない。いや、反省したふりをしながら外務官僚の実態を実名・写真入りで暴露しているのだ。

「飯村豊官房長(現フランス大使)は『鈴木先生、田中真紀子を排除してください』と、毎日言ってきた」「坂場三男総括審議官(現報道官)は私の部屋で真紀子さんの悪口を言っている時に、田中さんが入ってきて、ソファーから転げ落ちて、ロダンの『考える人』の格好で固まっていた」「松田邦紀ロシア課長(現イスラエル公使)は料亭で私の前で『ボクちゃん、チャミチイでちゅ』と両足をバタバタさせてオムツを替えて欲しいようなプレーをしておったですね」「ソ連大使だった枝村純郎さんは家の建替中の数ケ月、ホテルニューオータニに住んでいた。外務官僚は半額で泊れた」


 ここぞとばかりの大暴露大会ですね…。もう失うものなんてないんだろうなぁ。すごいなぁ。よっぽど恨んでるんだろうなぁ。利権の中心にいればいるほど、大きな爆弾を抱えられるわけですな。自爆のリスクもあるけど。

 宗男氏のサイトによると、今日「逮捕5周年記念大反省会!」というイベントがあったそうです。誰か行かれた方いらっしゃいませんか?

 関係ないけど、ゴールデンウィークに北海道に行った時も、道東自動車道がこれみよがしに足寄で途切れているのを見て、「あぁ、これもムネオか」と感慨に浸ったものです(足寄は宗男氏の出生地)。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-19 21:45 | 政治

タレントの天下り先としての参議院

「さくらパパ」が出馬へ 民主が参院比例に擁立|産経新聞

 女子プロゴルファー横峯さくら選手の父親で、キャディーも務める横峯良郎氏(47)が、夏の参院選の比例代表に民主党から出馬することが5日、ほぼ固まった。民主党筋が明らかにした。横峯氏は小沢一郎代表との会談などを経て、早ければ11日にも正式に出馬表明する見通し。

c0048467_17541515.jpg

 先日の「TVタックル」で、ビートたけしが「参議院がタレントの天下り先になっているのはどうかと思う」「民主党なんかは、ウチはそういうのはやらないとか言ってくんないかな」という趣旨の発言をしていた。まったくおっしゃる通りだ。

 その後の「お父さんはすごいということでさくらパパが出るんなら、じゃあ亀田の親父はどうなんだ」には笑った。さすがに「アレはヤダ」と言ってたけど。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-06 17:55 | 政治

「内情」は「ある場所にある」が「探さないでください」って、なんなんだ

首相らにあて遺書など8通 国民におわび 松岡農水相自殺|産経新聞

 「国民のみなさま」あての便箋には、5月28日と日付があり、「私自身の不明不徳の致すところで、誠に申し訳ない。ご迷惑をかけおわび申し上げる」、もう一枚には「内情については妻が知っている。それは家内にいってある場所にあるので、探さないでください」という趣旨が記されていたが、自殺の動機についての記述はないという。秘書が封筒の宛名や便箋の筆跡を松岡氏の自筆と確認。すべてボールペン書きだった。


 少なくとも「国民のみなさま」あてのは実物を公表すべきだろう。

 しかし、自殺で真相を闇に葬ったはずなのに、「内情については妻が知っている。それは家内にいってある場所にあるので、探さないでください」などと手がかりめいたことをなぜ残すのだろう。「ある」と言いながら、それを「探すな」というのだから、よほどヤバいものなのか。「俺よりももっと悪い奴がいるんだぞ」と言いたかったのだろうか。だとしたら、妻はあまりにも重い物を背負わされたと言える。身辺保護とかをした方がいいじゃないのか。

【増補】
c0048467_21231749.jpg

 公表された遺書だと、妻が知っているのは「内情」ではなく、「家族への手紙」のようだ。実物が公表されたわけではないので何とも言えないが、そうであるならば、とりあえずは不自然さはない、か。

 でも、遺書の場所を妻が知っているということは、夫婦間でどういう話がなされていたのだろう。想像するだけで悲しくなる。

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-29 14:21 | 政治

外山恒一が今度は熊本に上陸!!

外山恒一また出馬!政府転覆の次は熊本市転覆!?|おもしろコミュニティ 縁count


 今度は熊本市議会議員選挙に出馬だそうです。公式サイトの「良くある質問(Q&A)」が面白い。

都知事選ではいくつかの離島で、「得票2」という結果が出ました。知り合い同士が示し合わせて投票したのなら別ですが、そうでなければまさに「政府転覆ちょっといい話」です。異端的少数派として孤立を余儀なくされていた人が、その閉ざされた空間の中に、少なくとももう一人は確実に仲間が存在することが明らかになったのです。双方の「1人」に云いたい。互いに探せ。いきなりスキンヘッドにしてそれとなくアピールなどしてみると、相手の方から声をかけてくれるかもしれません。


 選挙管理委員会発表によると、なるほど、離島の「得票2」というのは、新島と神津島ですな。確かに、自分が外山氏に投票した島民だったら、もう1人に会ってみたい気もする。でも、檜原村、三宅村と御蔵島では得票1。これは寂しい。まだまだ「異端的少数派として孤立を余儀なくされてい」る人がいる!!

 政府転覆を高々に謳っていますが、共謀罪ができたら、こういう人は逮捕されるのでしょうか?
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-19 00:11 | 政治

平和と言えば平和なのだろうが

11期連続の無投票当選へ|サンスポ

 尾瀬の玄関口として知られる福島県檜枝岐(ひのえまた)村の村長選は、1967年から現在まで10期、無投票当選が続いている。かつて村長選で村を二分し、しこりを残したことが影響したとみられ、17日告示の村長選も16日現在で立候補を表明しているのは1人だけ。連続無投票を更新するか注目が集まっている。

 檜枝岐村で戦後、村長選が行われたのは51年と63年の2回。いずれも同じ顔触れの2人が対決した。住民のほとんどが幼いころから顔見知りという、この村での激しい戦いは「親戚(しんせき)同士の対立を招くなど、村の中に暗い影を落とした時期もあった」(元村長)という。

 旅館経営の男性は「議員選ならともかく、小さい村にとって村長選をしていいことは何もない」と言い切る。


 と言い切っていたのに…

無投票に終止符 44年ぶり村長選 福島・檜枝岐|朝日新聞

 連続10回無投票が続いた福島県檜枝岐村の村長選が1963年以来の選挙戦となった。現職が引退を表明し、前村議会議長で旅館業の星守氏(59)以外に立候補の動きはなく無投票になると見られていたが、17日に前村総務課長の星光祥氏(56)が立候補を届け出たため、2氏の争いとなった。


 ついに選挙。

 しかし、ある意味すごい談合社会だ。地縁血縁も大事ですが、それで政治や行政をやってる時代じゃないですし。地縁血縁の影響を相対的に低下させるためにも、分母の数を増やす、すなわち市町村合併を推進した方がいいのでしょうか。以前取り上げた記事なんかを読むと余計にその感を強くしますな…。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-18 00:16 | 政治

オロカモノ

 週末は体調を崩して、くたばってました。健康が一番デス。

改憲狙う国民投票法案の愚 憲法9条のリアルな価値問え|立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」

 私は9条あったればこそ、日本というひ弱な国がこのような苛酷な国際環境の中で、かくも繁栄しつつ生き延びることができた根本条件だったと思っている。


 そうかなぁ。日米安保があったからじゃないのかなぁ。

 9条がなければ、日本はとっくにアメリカの属国になっていたろう。あるいは、かつてのソ連ないし、かつての中国ないし、北朝鮮といった日本を敵視してきた国家の侵略を受けていただろう。


 ん? 今現在は属国じゃないと言いたげな文章だな。北朝鮮の拉致は、侵略の一種ではないのか。それに、日本がアメリカの属国であると自身が納得していたではないか(下記引用参照)。

第38回 海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判|立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」

「立花さん、あなたは、日本の政治(政策)を動かしているパワーの中で最大のものは何だと思いますか?」

「アメリカの意志ですよ」

「いかに政治力があろうと、アメリカの意志に反することをする可能性がある政治家は、絶対に総理大臣になれません」

 アメリカの意志が、日本の政治が岐路に立ったときの最大の決定的要因だなどというのは、まるで共産党のスローガン「日本はアメリカ帝国主義の従属国家」の焼き直しみたいだったので、私があっけにとられつつ彼の所説を聞いていた。そのうち共産党の唱える抽象的で図式的な従属国家論とはまるでちがう、リアリティに富んだ日本の従属国家論を例証付きで次々に聞かされて、私はだんだん納得させられていった。


 9条を捨てて「普通の国」になろうなどという主張をする人は、ただのオロカモノである。


 オロカモノって…。なんだか、信じないと地獄に落ちますよ、って言われているみたいで、宗教みたいだ。こうやって護憲派は世間から乖離していくのだろうか。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-16 20:40 | 政治

知事たちによる放言大会

 春です。新年度の始まり。地位ある人にとっては、その新年度の始まるを飾るスピーチを色々なところでする必要があるわけで。

<埼玉県知事>「自衛官は人殺しの練習している」不適切発言|Exciteニュース

 埼玉県の上田清司知事は2日、さいたま市で行われた新規採用職員就任式のあいさつで「自衛官は平和を守るために人殺しの練習をしている。国民の生命と財産を守るため。偉いと褒めたたえなければならない」と発言。それと対比して県職員の仕事について「人を疑ったり痛めつける練習をしなくてはならない仕事と違い、多くの方に喜びを与え、その喜びを自分のものに感じることができる」と語った。

 式の後、上田知事は人殺しという言葉について「適切でなかった。殺傷という言い方をすれば良かった」と述べた。


 「殺傷という言い方をすれば良かった」って、そういう問題じゃないと思うんだけど。

「本質伝わらなかった」と謝罪 宮崎県知事がタミフル発言で|Exciteニュース

 宮崎県の東国原知事は、入庁式の訓示で「タミフルを飲んだので異常行動を起こすかもしれない」と発言したことについて、2日の記者会見で「不快に思われた方がいたと思う。申し訳ありませんでした」と謝罪した。東国原知事は「ブラックジョーク的に社会風刺したつもりだったが、本質が十分に伝わらなかった」と釈明。一方で「自由な言論の枠内」「訂正を求められるのはいかがなものか」とも述べた。


 風刺で辞書を引くと、「社会や人物の欠点・罪悪を遠回しに批判すること。また、その批判を嘲笑的に表現すること。」とある。タミフルに対しての風刺だろうが、タミフルと異常行動の因果関係がまだ証明されていないので、この場合風刺としては成立しないだろう。自らの不明を恥じるべきであって、「自由な言論の枠内」とかいうのはどうかと思う。

愛知・神田知事が「弱い悪い遺伝子」発言、後に弁解|朝日新聞

 愛知県の神田真秋知事が2日、同県自治センターで開かれた新規採用職員の入庁式の訓示で、行政の役割について触れるなか、障害などハンディキャップのある人について「弱い遺伝子、悪い遺伝子を持った方」と表現した。神田知事は、その後の記者会見で指摘を受け、「もうすこしいい表現を使えば良かったかもしれない」と釈明した。

 神田知事は訓示で、「全体の奉仕者の考え方」として、「生き物の宿命として、弱い悪い遺伝子も中にはある。そういう弱い遺伝子、悪い遺伝子を持った方、(遺伝子が)表へ出た方にも、やはりきちんとした対応をしなければいけない」と発言した。


 ドラマ『ザ・ホワイトハウス』が好きでよく見るのですが、ホワイトハウスの広報官が、大統領のスピーチをとことんまで練りこんでいる姿は感心させられます。大統領としての品格、表現一つ一つを仔細に検討し、揚げ足を取られることはないか、配慮を欠いたものはないかなど…。アメリカでは大統領のスピーチライターが20人もいるそうです。首相官邸でそういったことをしようと言っている段階なので、知事レベルではどうしようもないのかもしれませんが、もう少しスピーチ原稿は推敲した方がいいでしょうなぁ。

 ついでながら、前原誠司氏も首相のスピーチには苦言を呈していました。

前原誠司の「直球勝負」(23)~ 防衛庁から防衛省へ 何が日本の防衛に欠けているのか ~

中曽根元総理は原稿なし。80代半ばとは思えない明晰さと説得力で聴衆を魅了した。話が終わると、自然と拍手が起こった。それに比べて安倍総理の話は本当につまらなかった。拍手も起きなかった。感動させるものがなかった。総理大臣は色々なところでスピーチをする。すべて、ノー原稿、アドリブでやるのは難しいだろう。しかし、節目節目の大事なスピーチは、原稿を良く練り、読まずに演説を行うべきである。是非、安倍総理には今後、心掛けてもらいたいものだ。

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-03 00:58 | 政治

すごいぞ東国原知事

慰安婦「強制的に売春させられた」と駐日米大使|iza

 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、シーファー駐日米大使は16日、一部記者団に対し、太平洋戦争中の慰安婦について「強制的に売春をさせられたのだと思う。つまり、旧日本軍に強姦(ごうかん)されたということだ」と語った。

 大使は、二月に米下院外交委員会の公聴会で証言した元慰安婦を「信じる」と述べ、慰安婦が強制的に売春させられたのは「自明の理だ」と語った。また、慰安婦問題への旧日本軍の関与を認め謝罪した平成5年の「河野洋平官房長官談話」を日本政府が見直すことのないよう期待を示した。


 戦後アメリカ兵はどれだけの日本人を強姦したか。こっちは「強制」とかじゃないぞ、文字通りの強姦だ。当時は証言も「信じる」どころかまともに取り合ってもらえず、どれだけの被害者が泣き寝入りを余儀なくされたか。シーファーは知らんのだろう。そして、それを知っても正面から向かい合うことはないのだろう。

世界各国にもあった慰安婦・慰安所|国を憂い、われとわが身を甘やかすの記

 アメリカ軍が日本に進駐したとき、最初の1か月、それも神奈川県下だけで2900件の強姦事件が発生した。7年の占領期間中には2536件の殺人と3万件の強姦事件を起こした。事態を憂慮したGHQは、ついに東京都に慰安所の設置を要求した。

誰か昭和を想わざる 進駐軍犯罪史

進駐軍犯罪といえば大規模なものでは松本清張が「黒地の絵」で描いた、小倉の黒人兵大量脱走劇に伴う、地域住民への大規模なレイプ、暴力沙汰がある。昭和25年7/11、およそ160人の黒人兵による祗園祭の日の犯罪事件は、進駐軍によって厳重な報道規制が行われ、事件をうかがわせるような記事は当時の在京各紙にはまるで見えない。結局、この事件は7/15に進駐軍による鎮圧で市街戦となるまで続いた。この市街戦についても徹底した報道規制が行われた。


他にも道路横断中、歩いているのが誰の目にも明らかなのに、アメリカ兵の運転するトラックがスピードを落さずにそのまま横断途中の日本人をひき殺すという事もあった。あるいは突然、理由なくアメリカ兵に射殺されたり、道を歩いていて殴り殺されたり、強姦されたりなどの犯罪被害は総計3万4千件と言われたが、うち2万件は泣き寝入りしたとされている。アメリカ兵による犯罪はどんな些細な事件でも新聞での報道は厳禁とされたので、総じて日本人のアメリカ進駐軍への感情は悪くはなっていない。


 そんな中、東国原知事は侮れんと本気で思うようになってきた。この問題についてここまでピシャリと言うとは思ってもいなかった。

東国原知事が慰安婦問題で「強制の確証ない」=外国人特派員協会の会見で|ivedoorニュース

 「従軍慰安婦が実際に存在した歴史的確証がない。強制的な慰安婦が存在したかどうかは客観的に確かめられなければならない。両国合意の上で朝鮮半島は日本に併合され、1910年から1945年の間、合法的であった売春婦が日本に出稼ぎに来るのに、何の問題もなかった。今頃になって韓国は日本に植民地支配され、慰安婦を強制されたと言っているが、戦勝国アメリカの力を借りて言っているだけ」。


 しかし、なぜ日本の大手メディアはこれを報じないのだろう。朝日新聞あたりが噛み付いてもよさそうなものだ。外国特派員協会で講演したことはちゃんと報じているのに。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-18 01:47 | 政治

水道水を飲む松岡農水相

「水道水飲む人いない」発言を撤回=誤解与えたと松岡農水相|Yahooニュース

 松岡利勝農水相は14日午後の参院予算委員会で、自らの資金管理団体の光熱水費問題に絡み「水道水を飲む人はほとんどいない」とした発言について「誤解を与えたのなら訂正することはやぶさかではない」と撤回した。

c0048467_23334660.jpg

 こんな画像が出たんじゃ言い逃れは厳しいでしょうなぁ…。しかし、なんという脇の甘さなのだろう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-14 23:35 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31