因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:政治( 110 )

セコ過ぎる

政府・与党に小・中教科書貸与論が浮上、文科省は反発|読売新聞

 小中学校で教科書が児童・生徒に無償で配布されている制度を廃止し、貸与制や有償制などを導入する構想が政府・与党内で浮上してきた。

 義務教育費を削減するため、財務省などが提案し、自民党内の一部にも理解を示す意見がある。ただ、文部科学省は「無償配布制廃止は教科書に書き込みができないなど、学習にも影響する」と強く反発しており、議論の先行きは見えていない。

 教科書無償措置法では、国が教科書購入費を全額負担し、全小中学生に無償配布することを規定している。2006年度の教科書費用は約395億円。

 4月27日に自民党本部で開かれた歳出改革に関するプロジェクトチーム(一般分野)の会合で、財務省は小中学校教科書について、「先進7か国で無償配布しているのは、日本とイタリアだけだ」などと指摘した。

 世界に誇りうる素晴らしい制度だとなぜ胸を張らないのか。教育を目先の損得勘定で決めている人間に愛国心はあるのか? まさかそんな人間が愛国心の涵養を叫んだりしていたら笑止である。米百俵の精神はどこへ行った??
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-05-11 19:57 | 政治

卑怯なり

終戦記念日の靖国参拝、首相が本気で検討|日経新聞

 小泉純一郎首相が8月15日の終戦記念日に靖国神社に参拝した場合にどのような影響があるかを具体的に検討し始めたことが7日、分かった。首相周辺は「首相は在任最後となる今年は終戦記念日に参拝したい気持ちが強い」と明言。想定される中国や韓国の反発、9月の自民党総裁選の行方を多角的に見定めることになりそうだ。

迫る任期 残る公約実現 8・15靖国参拝?|東京新聞

 首相周辺は、首相の心中をこう解説する。

 「中国側は(〇一年の)参拝前、(八月)十五日でなかったら問題にならないと電話連絡してきたにもかかわらず、参拝後、すぐ反発した。首相は中国にだまされたと思っている」

 首相は、靖国参拝に対する中韓両国の対応を快く思っておらず、総裁選の公約を実現するためにも、八月十五日の参拝に踏み切るというのだ。

 そもそも私自身は首相の8月15日の参拝は賛成論者である。だが、こればかりはあまりにも卑怯である。もう自分は首相を辞めるから関係ないもんね、と言わんばかりの蛮行である。やるのなら最初からやれ、というものである。これでは、尻拭いのポスト小泉への押し付けというものだ(ポスト小泉への試練か? 福田氏が「もうやってられん」と、さじを投げるのを期待してのことか?)。英霊に最後っ屁をかます蛮行は認められない。

 が、しかし、「靖国参拝に対する中韓両国の対応を快く思っておらず」というのには、まったく同感であり、ここは毅然と参拝してほしい…、と首相の靖国参拝を巡っては、かなり屈折した思いがあるのもまた事実である。そうさせたのも小泉首相だ、と言ってしまえばそれまでなのだが。小泉首相は、結局なにをどうしたいのだろう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-05-09 00:06 | 政治

権謀術数

復党にらみ自民候補支援も 郵政「造反組」11人|Exciteニュース

 昨年の郵政民営化関連法案に反対して自民党離党を強いられ無所属で衆院選に出馬した「造反組」26人のうち11人が、来年夏の参院選で地元選挙区の自民党候補を支援する意向であることが6日までの共同通信社の調査で分かった。

衆院千葉7区補選での敗北もあり、自民党参院執行部は、強い地盤を持つ造反組議員の協力に期待を寄せており、支援は復党をにらんだ思惑含みともいえそうだ。

 武部幹事長は公認はしない、と言っていたから、応援ならいいのか? つか、公認はしなくても、助けは求めるのかよ。情けねぇ!! 「造反組」もナメられたもんですな。
武部幹事長、郵政造反組は参院選で公認せず|産経新聞

 自民党の武部勤幹事長は19日夜、大阪市で講演し、郵政民営化関連法案に反対した「造反組」を来年夏の参院選で公認しない考えを示した。その上で「造反議員を安易に認めるようなやり方では駄目だ。私が幹事長の間はあくまでも筋を通す」と強調した。

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-05-06 23:25 | 政治

朝日にたしなめられたらおしまいだね

首相「中韓は後悔する」 靖国批判に長々反論|Exciteニュース

 小泉純一郎首相は25日、中韓両国による自身の靖国神社参拝批判について、記者団に「何で首脳会談を行わないなんておかしなことを言ったのか、(中韓両国は)後悔する時が来る」などと長々と反論した。反論は毎度のことだが、この日は挑発的な言葉も目立った。韓国の盧武鉉大統領が対日強硬方針を表明したことへのいら立ちもあったようだ。

 首相は、官邸で記者団から「就任時の公約通り8月15日に参拝するか」と聞かれ、「適切に判断するとしか答えない」と決まり文句を述べた上で反論を開始。中韓が参拝を理由に首脳会談を拒否していることには「理解できないし、外国の首脳と話すと『小泉さんの言うことは正しい。中国、韓国はおかしい』と言っている」と語った。

 それだけ強気なら8月15日に是非とも参拝して欲しいものだが、「適切に判断する」ってなんなんだろう。

 「いら立ち」といえば、朝日新聞も少々いらつき気味のご様子。
盧大統領 原則一本やりの危うさ|朝日新聞社説

 怒りのボルテージを上げているうちに、収まりがつかなくなっているかのようだ。

 盧武鉉大統領が「特別談話」を出した。韓国で独島と呼ぶ竹島の領有権を日本が言うのは不当であり、「独島は、歴史の清算と完全な主権の確立を象徴する」と断じた。

 「日本が誤った歴史を美化し、それを根拠に権利を主張する限り、韓日間の友好関係は成り立たない」とも述べた。


 だがちょっと待ってほしい。領土問題を正面にすえたのでは、日韓の関係はにっちもさっちもいかなくなる。

 過去、日本は朝鮮半島を植民地にして多大な迷惑をかけた。そのことは真摯(しんし)に反省していかなければならない。侵略戦争の責任者もまつる靖国神社に首相が参拝するのは理が通らない。そうした点について、私たちは社説でこれまで何回も訴えてきた。

 韓国の人たちが被害の歴史に竹島の領有権問題を重ね合わせて見がちなのも、まったく理解できないとは言わない。

 けれども、日本も領有権を主張する根拠を持っている。「植民地支配の歴史を正当化するもの」とは別の話だ。そこを混同し誤解されては心外である。

 そこかしこから相変わらずの朝日節がにじみ出ていますが、さすがの朝日新聞も「こいつら変だ」と分かったようですね。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-27 00:13 | 政治

ことばあそび

「国と郷土を愛する態度」=与党検討会が合意|Exciteニュース

 与党の教育基本法改正検討会(座長・大島理森元文相)は12日、同法改正案で焦点の「愛国心」の表現をめぐり、「我が国と郷土を愛する態度」とすることで合意した。積み残していた条項も「前文」以外は了承。同法を全面改正する与党案が事実上固まった。

 以前も書いたが、愛国心を持つかどうかといった「心の問題」に、国家が法律を持って介入するのはナンセンスである。

 と思っていたら、「国と郷土を愛する態度」と来た。なるほど、態度か。これなら心への介入ではない。でも、「態度で示せ!!」となると、徴兵制でも何でもありになる。余計にタチが悪くなったような気がする。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-13 00:03 | 政治

あなたは国民に対して恥ずべきことは何も為していない、と?

<小沢民主代表>靖国参拝、A級戦犯合祀問題の解決を|Exciteニュース

 小沢氏のメルマガに次のような記述がある。
小沢一郎メールマガジン

 僕は基本的に、戦勝国側が一方的に敗戦国側を裁いて下した「戦犯」というものは受け入れられない。東京裁判(正式には極東国際軍事裁判)は不当な報復裁判である。

 しかし、東条英機元首相以下、当時の国家指導者たちは日本国民に対して戦争を指導した重大な政治責任を負っている。このことを強く訴えたい。

 彼らは戦争中、一般将兵に対して「生きて虜囚の辱めを受けず」「死して悠久の大義に生きろ」と教え、特攻や自決を強要した。沖縄やサイパンでは民間人まで自決している。

 その張本人たちが、おめおめと生きて「虜囚の辱めを受けた」うえ、不名誉な戦争犯罪人として裁かれた。とんでもない話だと思う。国家指導者としての責任感、使命感のなさに激しい憤りを感じる。

 この人たちは靖国神社に祀られるべき人々ではない。彼らは英霊に値しないと考えている。ただ、「東条元首相らは立派だ」と思う人がいるなら、自分で神社を建てて靖国神社から分祀して祀ればいい。僕はその価値はないと思うが、それは自由だ。

 小沢氏はA級戦犯(というよりは東条英機らが)が戦没者扱いになっていることに合点がいかない様子ですが、国会決議により彼らは戦犯から赦免されており、それに基づき靖国神社も合祀したわけで、分祀云々を求めるならば、まずは「戦犯はやっぱり犯罪人でした」国会決議をすべきだろう。まずは国会議員としての務めを果たすべきである。
所謂A級戦犯分祀案に対する靖國神社見解

所謂A級戦犯の方々の神霊の合祀は、昭和二十八年五月の第十六回国会決議により、すべての戦犯の方々が赦免されたことに基づきなされたものです。過去の歴史認識に対しては、夫々のお気持ちがあると思いますが、靖國神社は国家のために尊い生命を捧げられた神霊をひたすらお慰めし、顕彰する神社であります。

 ただテレビ出演後、小沢氏は記者団に「分祀ではない。政権を取ったらすぐに(解決策を)やる」と語り、具体的な解決策に言及しなかった。

 解決策は、これですかね。同じメルマガに書いてありましたが。
       ↓
 靖国神社は「一度、合祀した御霊は分祀できない」と主張しているらしいが、霊璽簿に名前を記載するだけで祭神とされるのだから、単に抹消すればいい。

 「霊璽簿に名前を記載するだけで祭神とされるのだから、単に抹消すればいい」と言うが、そういう手続きの問題じゃないんですが…
       ↓
また、もし仮にすべてのご遺族が分祀に賛成されるようなことがあるとしても、それによって靖國神社が分祀することはありえません。

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-11 00:38 | 政治

ちゃんちゃらおかしい

<石原都知事>民主新代表の小沢氏…「私は評価しません」|Exciteニュース

c0048467_1934362.jpg 東京都の石原慎太郎知事は7日の定例会見で、民主党代表に選出された小沢一郎氏に触れ、「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない。大した党にならないと思うね」と酷評した。

 石原知事は「(小沢氏は)自民党を牛耳っていた金丸信元副総裁らを背景に自民党幹事長を務めたが、アメリカに言われて、造らなくていい公共工事をやって、湾岸戦争の時は、一瞬にして戦費支出を決めた。自民党で一番いい思いをしたのは、あのグループ(旧経世会)じゃないの」と指摘。

 そして、立花隆氏の「ちゃんちゃらおかしい」を引用していた。嗚呼なつかしい。そう、細川政権が誕生する時、小沢氏は羽田氏らと新生党を結成したのであるが、立花隆氏が辛らつなコメントを寄せていたのである。
 羽田新党とは何か。あなた方は、要するに経世会の分裂した片割れではないか。経世会とは何か。要するに旧田中派ではないか。田中派とは何か。5億円収賄犯・田中角栄をかついで、日本の政治を10年余りにわたって滅茶苦茶にしてきた徒党ではないか。田中が病気に倒れると、看板を経世会とかけかえただけで、田中派時代と全く同じように、金の力と数の力で政治を支配し、権力のうま味を思う存分吸い取ってきたのが、あなた方ではなかったか。

 政治改革という錦の御旗を振り回していれば、そういう恥ずべき過去をみんな忘れてくれるとでも思っているのだろうか。

 いま必要なのは、政治改革よりあなた方の人間改革だろう。その第一歩は、日本の政治を破壊し腐敗させてきたのは自分たちであると正直に認め、懺悔し、反省することである。自分たちの過去にけじめもつけずに、何が新生だ。ちゃんちゃらおかしい。
 --『朝日新聞』1993年6月24日

 そう、小沢一郎は田中派の流れをくむ男である。自民党にいたら間違いなく小泉首相に追いやられた人間である。自民党から旧田中派が一掃されたと思ったら、民主党で息を吹き返したとは因果なものだ。綿貫民輔が擦り寄ってくるわけである。民主党は時計の針を戻すのか?
綿貫氏:民主党の小沢氏らと会談、ゲキ飛ばす|毎日新聞

 民主党の小沢一郎前副代表、渡部恒三国対委員長、羽田孜最高顧問、国民新党の綿貫民輔代表が30日夜、東京都内の中華料理店で会談した。4氏は自民党旧竹下派出身の69年初当選組。会合を呼びかけた綿貫氏が「民主党がしっかりしなければいけない」と小沢氏らにゲキを飛ばしたという。

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-08 00:57 | 政治

ナンセンスとアンフェア

「愛国心」求める声相次ぐ 教基法改正で自民の会議|Exciteニュース

 愛国心などというものは、その国の持つ歴史や風土が育むものだろう。法律によって国民の内面に踏み込み、それを規定するのはナンセンスである。それこそ、小泉首相の言うところの「心の問題」である。「愛してくれ!!」とか「愛してやれ!!」と喚くことの方がよほど見苦しい。

 もっとも、公務員である教員が歴史や風土をブチ壊そうとするのですから、事態がややこしいわけですが… 愛国心を涵養するにはアンフェアな環境ではあります。
女性教諭に『公務員不適格』処分 都教委|東京新聞

 社会科授業で配った資料の中で、東京都議を「歴史偽造主義者」と実名でひぼうしたなどとして、都教委から戒告処分を受けた千代田区立中学の女性教諭(56)が、研修中も反省がみられなかったとして、三月末に分限免職になっていたことが三日、分かった。

 教諭は「都議をひぼうしたのではなく、誤った歴史観を批判しただけ。研修の不当性を訴えた裁判が継続中なのに分限免職とする都教委のやり方は問題だ」と主張、処分を不服として都人事委員会に審査請求する。

 教諭は昨年、三年生の公民の授業で、自分が韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領にあてた手紙を資料として配布。手紙の中で、日本の侵略戦争を否定する発言をした自民党都議の実名を挙げ「国際的には恥をさらすことでしかない歴史認識を、得々として喜々として披露している」と指摘。また「新しい歴史教科書をつくる会」主導の扶桑社版の教科書について、「歴史偽造で有名な」などと書いた。

 この教諭は札付きの偏向・反日教師のようで、その実態を見ると常軌を逸しているとしか言いようがありません。

   【参考】
『足立16中 人権侵害事件』の真実を語るホームページ

足立十六中事件

パワー・トゥ・ザ・ピープル!!(支持者のブログ)

★古賀発言や扶桑社教科書を批判するのは、教員として当然の義務。

 増田さんが、この右翼的に「偏向」した古賀都議の発言や扶桑社歴史教科書を批判したのは、歴史や社会の真実を伝える責務を持つ良心的な社会科教員なら、誰でもやらなくてはならない当然の行為だからです。

 自らを「良心的」と語る厚顔無恥ぶりに呆れると共に、自らの思考・行動を「当然の義務」として、一切省みない辺りはすでに処置なし。まずはこうした教師どもを一掃することの方が先決でしょう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-05 00:14 | 政治

天誅下る

大仁田センセイ靖国神社で大暴れ|スポーツ報知

 ◆ゼロワンMAX靖国神社大会 大仁田センセイが公式参拝した靖国神社で大暴れ―。参院議員の大仁田厚(48)=自民党=が、靖国神社奉納プロレスで約1年ぶりにリング復帰。いす攻撃など反則のオンパレードの邪道流ファイトで快勝し、試合後は今夏にベテランや引退した選手を集めたオールディーズ興行を行うことを明言した。

「久しぶりで疲れるな。力道山さんから始まって、ジャイアント馬場さん、歴史のある奉納試合に参加できてうれしい」と話した。

 歴史のある奉納試合に、大仁田を参加させることを靖国神社が認めたとは、心が広い。英霊たちはお喜びなのでしょうか??

 そうではなかったみたいですね。天誅。
       ↓
大仁田厚が悲痛な叫び「命の革ジャン返して!」|Yahooニュース

 参議院議員でプロレス復帰を宣言した大仁田厚のトレードマークである“邪道の革ジャン”が盗難にあっていたことが明らかになった。4月1日のZERO1-MAX靖国神社大会に出場した際、試合中に何者かによって盗まれたとのことで、本日3日付けで警視庁麹町署に盗難届けを提出し受理された。

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-04 00:52 | 政治

やっぱり釈然としなかった野田元国対委員長

<偽メール>民主党が調査報告書公表 情報料の条件提示も|Exciteニュース

 偽メールを国会で質問した永田寿康衆院議員(同党員資格停止中)は質問から3日後の2月19日、情報仲介者とされる元記者の西澤孝氏から「情報提供者が情報を売ってもいいと言っている」と申し出を受けたのに対し、野田佳彦国対委員長(当時)の「党で用意できる」という承認を得て1000万円という条件を提示していたことを明らかにした。また同時に「西澤氏と情報提供者を(民主党)職員として雇用することも考える」という条件も提示していた。

 私は野田氏の言動に不自然さを感じていた(「釈然としない野田国対委員長とどこまでも卑劣な前原代表」)。やはり野田氏は胡散臭い動きをしていたのである。民主党が公表した報告書を読むと、野田氏は国対委員長という立場もあったからだろうが、結構主導的な役割を果たしている。結果を鑑みれば、野田氏も議員辞職してしかるべきではないか。

c0048467_23142479.jpg
 前原氏は「意図が分からない」と言うが、伝えられる西澤氏の人となりを聞く限り、そして「情報提供者が情報を売ってもいいと言っている」などと言い出す辺りを考えると、狙いはカネだったということか。本当に払っていないのであればいいが、これで払っていたら民主党は末代まで恥をかき続けたことになる。報告書を読むと、次々とツメの甘さが露呈しているのが分かるが、民主党もカネが絡むとちょっと厳しくなったのか。つくづくフツーの人たちの集まりだな、と心配になる。と同時に、真相がウヤムヤになることには、つくづく国会議員というのは腹黒いとウンザリする。
【政治】麻生外相「民主党執行部総辞職、『ああ、エープリルフールだな』と思った」

120 :名無しさん@6周年:2006/03/32(土) 22:43:01 ID:SyH+++YF0
んと、今回の一連の騒動は、こういうことかな?
・西澤を証人喚問で呼ぶと決めたものの、西澤が民主党の息の根を止めるほどの
 爆弾発言をしそうだということが分かった。
・それを阻止するためには、西澤を呼ぶことになった大元の永田を証人喚問より前に
 辞めさせ、懲罰委員会そのものの必要性をなくそうと考えた。
・ところが永田がなかなか辞めようとしない。
・それで仕方なく民主党の執行部が総退陣することにより、張本人の永田だけが
 辞めずに残れない形を作った。

こんな感じかな?

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-04-01 23:16 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31