因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:テツ( 110 )

鉄道映画を見る

 空前の鉄道ブーム(?)を受け、ヒストリーチャンネルで現在、鉄道特集を放送しています。古い鉄道映画を放送してくれるので、毎回楽しみに見ていますが、なんというか、時代の違いをまざまざと見せつけられた感じです。

c0048467_23555931.jpg
 『ある機関助士』より。遅れを回復して、煙草を一服。当然運転中だ。機械化された現代より、蒸気機関車を操る機関士の仕事ぶりは、まさしく職人技である。だから、煙草を吸ってもなんか絵になる。今やったら間違いなくニュースネタになるが(JR運転士が乗務中に喫煙|新潟日報)。

c0048467_23561044.jpg
 『20系特急あさかぜ』より。「熱をさえぎり、騒音を吸収するために、どの車にもアスベストが吹きつけられ…」のナレーションが入り、アスベストを吹きつける映像。マスクも何もしていない。日立の工場っぽいが、この作業員の方のその後が気になる。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-14 23:57 | テツ

参宮線廃止を利権という側面から見てみる

「参宮線廃止、駐車場に」 赤福会長、式年遷宮控え提案|朝日新聞

 JR参宮線を廃止して1000台規模の駐車場を整備――。13年の伊勢神宮(三重県伊勢市)式年遷宮を前に、和菓子製造販売会社「赤福」会長の浜田益嗣(ますたね)・伊勢商工会議所会頭(70)が、予想される交通渋滞の緩和策として、こんな提案をしている。実現可能性は低いとみられるが、地元市議がJR東海の松本正之社長に「存続」を訴えるなど波紋が広がっている。

(略)浜田氏は森下隆生・伊勢市長や地元選出国会議員らとの2月の会合、同商議所の常議員懇談会に提出した文書などで、参宮線(多気 ―鳥羽、約29キロ)を廃止し、同線伊勢市駅で列車の検査や清掃などをしている車両施設の用地に1000台分の駐車場整備を提案。観光客受け入れには「参宮線が大きな阻害要因」と指摘している。

 伊勢市駅には近鉄線も乗り入れるが、JRは名古屋からの直通快速列車が1日10本程度で、駅の利用者は年間約30万人。浜田氏は朝日新聞の取材に「どんな提案にも異論はつきもの。選挙での集票に関係ない私だからこそ思い切ったことが言える」としている。


 前伊勢市長の加藤光徳氏は自殺しているんですね。で、この原因と目されているのが、今回の話題に絡んでくる伊勢市駅前再開発事業なのです。

(三重)遷宮へ向け目玉公共事業は?|読売新聞

 再開発をめぐっては、前市長が自殺する直前に示した大型スーパー跡地へ観光交流センターを建設する案と、地元選出の三ツ矢憲生衆院議員が唱える官公庁を集結した駅ビル構想がある。


『伊勢市長を首つり自殺に追い込んだ執拗無言電話』|伊勢市長加藤光徳氏の自殺?の背景について

「加藤氏の案は3月の市議会で諮られる予定だったが、(自殺によって)それも空中分解してしまった。今年4月に予定される次の市長選に、加藤氏の案を継ぐ人材はいない。自民党が誰を推薦してくるのかわからないが、O氏陣営が主張していた「国県市の合同庁舎の入った駅ビルを建設する計画」が再浮上する可能性も高い。結果的にその案を推していた人たちには幸運が巡ってきたといえる」

加藤氏に嫌がらせをしていたのが駅前再開発計画にかかわる人間かどうかはわからない。だが、そこに大きな利権がうごめいていたことは想像に難くない。

「選挙が終わった後も、加藤氏の元に「いうことを聞かないと計画をつぶすぞ」と地元有力者から脅しがあったと聞いています」


 「赤福」会長の浜田氏は、伊勢商工会議所会頭という「地元有力者」でもある。で、浜田氏は冒頭引用した朝日の記事にもあるように、地元選出国会議員とのパイプもあるようで、「地元選出の三ツ矢憲生衆院議員が唱える官公庁を集結した駅ビル構想」を推進したいのかもしれない。今回の発言は、「いうことを聞かないと計画をつぶすぞ」という牽制球なのだろうか?

 ついでながら、この浜田氏、≪加藤光徳市長が掲げるJR伊勢市駅前再開発の構想について「のんき」と苦言を呈した≫りしていたそうですし。よっぽど計画を潰したいのでしょうか?? とりあえず、赤福を買うのは自粛しましょう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-28 00:10 | テツ

ダムっていいよな、って言ってみたが賛意を得られず

人には言いたくないけどはまっている趣味ランキング|gooニュース

 上位10位はこんな感じです。

1位:パソコン
2位:本・マンガ
3位:音楽
4位:ゲーム
5位:旅行
6位:ギャンブル
7位:アニメ・同人誌
8位:写真・カメラ
9位:映画
10位:料理

 サイトでは20位まで発表されていますが、う~ん、「鉄道」が入ってないなぁ。タモリ倶楽部の「タモリ電車倶楽部」の盛況振りを見ると、「趣味は鉄道」って人はもっとたくさんいると思うんだが。

 5位の旅行ってのも言っても問題なさそうだが、「とっておきの旅行先は秘密にしておきたい」のだそうな。これについては、他の趣味との絡みもあると思う。個人的なことを言うならば、今年の黄金週間に北海道を旅行したのも、思えばDMVに乗るためであった。

「北海道へ旅行? で、北海道のどの辺へ?」
「いや~、ちょっとDMVに乗りにね。始発の浜小清水駅が、道の駅と一体化してたんで、駐車場の心配がなくて助かったわ」

 これはいかん。一般人にはDMVの説明からしないと。面倒なことこの上ない。そうなると「摩周湖とか」と当たり障りのない答えになる。

 鉄ヲタとしてはあまりにも無念なので、鉄ネタに関しては「トワイライトエクスプレスに乗って帰って来た」とだけ言う。車内で配られているパンフレットを見せたりすると食いつきはすこぶる良いのである。「食堂車でメシ食った」と言えば、なお良い。本音はDMVについて語り倒したいのだが。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-27 01:51 | テツ

貴志駅助役が行方不明

行方不明:“助役”猫「ちび」、どこにいるのニャン!?--和歌電貴志駅 /和歌山|毎日新聞

 小山さんによると、「ちび」は11日午前7時半ごろ、餌を食べた後、姿が見えなくなった。鍵のかかっていなかったケージから出ていったとみられる。小山さんは12日、売店を臨時閉店して探したが、見つからなかった。「ちび」の育ての親である「たま」も不安そうな様子という。


 以前紹介した和歌山電鉄のねこの駅長さんですが、助役の「ちび」が脱走したとのこと。以前お会いしている私としても、心を痛めております。無事でいますように…。

c0048467_14202899.jpg
  ↑右が確か「ちび」だったと思う。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-17 14:23 | テツ

トワイライトエクスプレスの思ひ出

c0048467_23152783.jpg
 トワイライトエクスプレスに乗るのは3回目です。が、今回だけはとうとう個室の予約に失敗し、普通のB寝台で行くことになりました。言わば4人相部屋みたいなものですから、約23時間に及ぶ長旅、メンツによって楽しくなるか、そうでないか、これは出たトコ勝負なので、少々人見知りする自分としては、ドキドキものである。

 杞憂と言うか、あにはからんやと言うか、向かいの人が「乗り鉄」の人だったので、結構話ができて楽しかった。パブタイムでは一緒にお酒も飲んだし。明日は直江津で降りて松本へ向かうのだと言う。

「ははぁ、信越線で南下していくわけですか」
「いやいや、糸魚川まで一旦出て大糸線にね。ちょっと乗り残してる区間があってね」
「あぁ」
「乗り鉄だから」
「わはは」

 旅の締めくくりとして、いい思い出ができたと思う。そういう意味では、今回は個室が取れなくて良かった、と言えよう。


↑敦賀駅での機関車連結の様子
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-06 23:28 | テツ

DMVに乗りました

c0048467_2347314.jpg
 今回の旅行のメインイベント、DMV乗車の日が来ました。天気予報は大荒れとのことでしたが、曇っていたものの、時折晴れ間も見え、DMVに乗るまではなんとかもちそう。

 車内は満席。鉄ヲタ(あ、俺だ)、家族連れ、夫婦といった内訳か。以下、箇条書きします。

・浜小清水から藻琴までは鉄道、藻琴から浜小清水まではバスとして運行。浜小清水出発は駅のホームからではなく、駅裏の空き地から、まずはバスとして発車。浜小清水駅構内のモードチェンジ部にて鉄道に変身。

・モードチェンジは10~15秒程度で済むが、信号の開通待ちで数分待たされた。もともとそういうダイヤみたいなので仕方ないのだろうが、実用化の際はもう少しスムーズに行ける方が良いのでは?

・乗務員は3名。鉄道区間を担当するJR北海道の運転士、バス区間を担当する網走バスの運転手、そして車掌(?)というか、乗客案内役の女性。バスガイドみたいに車窓の案内などをしていました。モードチェンジのたびに運転士が交代。実用化の際は、1人で鉄道の免許と大型2種免許を両方取得するのだろうか。

・バスがベースになっているということで、鉄道車両と比べると車体が軽いため結構揺れる。特にレールジョイント部の衝撃が脳天に伝わってくる感じ。

・レールの上での速度は40~50km/h(ガイドの女性談)。これは遅い。道路上での詳しい速度は分からなかったが、明らかにレールの上より速い。乗り心地もこっちの方がいい。これじゃバスでいいじゃないか、となる。

・乗客定員15名(補助席2含む)は鉄道としてもバスとしても少なすぎるのでは。鉄車輪を積んだりする関係で重量が嵩み、その分定員を減らさざるを得なかったのだという。今後の課題であるとも言っていました。

・DVM下車後、藻琴駅へ行った時、たまたま列車が来たのですが、乗客は2名でした。釧網本線なら、この定員数でも大丈夫なのか??

・バス→鉄道のモードチェンジ時は鉄車輪が出る時、車体が少し浮き上がるのでちょっとおもしろい。

 今のところガイドの方が言った、実用化までには解決すべき課題が多い、というセリフに尽きるようです。でも、乗り物としてはおもしろいので、観光遊覧用として…なんて言ったら怒られるか。


↑モードチェンジの動作テストの様子


↑藻琴駅での鉄道→バスのモードチェンジの様子

 さて、DMVに乗り終わってからが大変。天気予報どおりの展開に。雨風共に強烈で、傘もロクにさしてられない。ダメ元で摩周湖へ行ってみたものの、「霧の摩周湖」とは言うけど、霧ってレベルじゃない。雪も昨日の日勝峠の比じゃなく残ってるし。雪と霧で目の前が白一色。車の運転もおそるおそると。
c0048467_23474639.jpg
 ↑摩周湖第3展望台の駐車場にて。雪、雨、霧。車から外へ出る気になれない。

 夕食は、ネットで見つけた「吟寿司 金ちゃんの店」。「店長お任せ寿司」を頼み、その中の牛トロが絶妙。舌の上でとろける感じがたまらなかった。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-05-03 01:02 | テツ

DMVに乗ることになりました

 ゴールデンウィークに北海道に行こうと思っていて、ついでにDMV(線路と道路両方が走られる車両)に乗れたらなぁ、とダラダラしていたら、もう1ヶ月を切ってしまい、ダメ元で予約をしてみたら意外とあっけなく予約できました(予約サイトはこちら)。

 ただ、予約がしにくい…。予約は電話かネットで。これはまぁいいです。ネットの場合、その場で予約が取れるわけではなく、回答のメールが来る、というのがちょっともどかしいが…。

 やっかいなのがここから。予約完了後3日以内に指定場所で「引換券(クーポン券?)」を購入しなくてはいけないのですが、この引き取り場所がほぼ北海道内限定。兵庫県在住の私はそうそう北海道まで取りに行けない…。幸いなことにJR北海道の旅行センターが仙台・東京・大阪にあるので、ここで引き取ればOKとのこと。やれやれ。

 ところが、大阪の旅行センター(JR北海道プラザ大阪支店)が土・日・祝休みと、なんとまぁ商売っ気のないこと。営業時間も17:30で終わりだし…。なんとか時間を作って行けるようにしましたが、こんなに不便じゃ予約があっさり取れたのも無理もないのかも…。いや、試験営業だから、それでいいのか…?

JR北海道 DMVを試験営業 釧網線 線路と道路を走行|Yahooニュース

 「4月から6月までは試験的営業運行とし、定員17人のDMV1両を使い、土日・祝日に事前予約だけの観光周遊型で営業する」(柿沼博彦副社長)計画で、すでに50%超の予約が入っているという。


 上記記事は3月27日のものですから、今だったらだいぶ埋まっているのかな?

 なにわともあれ、DMVに乗られるのは楽しみです。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-06 00:31 | テツ

汚名挽回

 先日発売された鉄道ジャーナル5月号より。
c0048467_014746.jpg

c0048467_015119.jpg よくありがちな誤用である。こういうキャプションは筆者自ら考えるのだろうか。それとも編集者? どちらにせよお粗末な限り。これがまた近年凋落著しい種村直樹氏の原稿だから一層痛々しさを醸し出すのである。

【参考】「汚名を挽回する」という表現は間違いでしょうか|教えて!goo


 なかなか深いですな。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-25 00:22 | テツ

さくら夙川駅へGO!

JRさくら夙川駅開業、終日にぎわう|神戸新聞

 JR西日本は十八日、西宮市神楽町に「さくら夙川駅」を開業した。終日、周辺住民や鉄道ファンらでにぎわい、五千枚用意していた開業日の日付入り記念入場券は完売した。

 式典では山田知西宮市長が「阪急、阪神とともに夙川沿いに三駅がそろった。まちのさらなる活性化を期待したい」とあいさつ。JR西の山崎正夫社長も「JRが発足して今年で二十年。今後も新駅の開業などで利便性を高めたい」と話した。

c0048467_22403750.jpg

c0048467_22412076.jpg

 行って来ました。朝は込むと思ったので、昼から行きましたがそれでもなかなかの人出でした。

 駅前広場があるわけでもなく(バス停は新設されたが)、住宅地に突然降って沸いたがごとく出来た感じですが、これで阪急夙川、阪神香櫨園との三つ巴の闘いが始まったわけで、今後どうなっていくのでしょうか。

【参考】乗客争奪「春の陣」 JRさくら夙川駅18日開業|神戸新聞


 【おまけ】西宮→さくら夙川:前面展望



 停車時に結構きついブレーキで止まったので、画面も揺れます。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-18 22:42 | テツ

JRさくら夙川駅はぶっつけ本番

運転士「不安だ」JRさくら夙川駅、停車練習なし|神戸新聞

 十八日開業するJR神戸線「さくら夙川駅」に絡み、JR西日本労働組合(JR西労)関西地域本部は十四日、会見し「事前に回送電車で停車の練習をすべきと会社に求めたが、拒否された。運転士は不安を抱えたまま開業を迎える」などと訴えた。

 同労組によると、新駅はカーブ上にあり、上りではホームが見えない状況でブレーキをかけ始めなければならず、組合員の運転士から不安の声が上がった。会社は「ビデオなどを用いた机上訓練で問題ない」と回答したという。


 鉄道車両の運転で難しいのは停めることである。いや正確には、決められた時間に定められた位置に停止させることか。それが実車訓練もなしに、しかも若干下り勾配にもなっているらしいので、条件としてはなかなかしんどいようだ。じきに慣れるとはいえ、慎重になってダイヤが乱れたり、オーバーランとかないんだろうか。

 しかし、JR西労ってのがなぁ…。

事故列車の車掌依然入院 遺族への説明困難|神戸新聞

 JR西労は「いずれコメントを出したり、話したりする必要があるだろうが、今はそういう状況ではない。事故一年が近づき、車掌の落ち込みは激しくなった」と説明し、外部からの接触を制限。車掌の妻でさえ、自由に会えない状況が続いている。


 どういう権限でもって車掌の外部からの接触を制限しているのかよく分からん。妻にも会えないなんて、これって軟禁ではないのか? こんなこと労組がやっていいの?
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-03-15 23:53 | テツ
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31