因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧

釈然としない野田国対委員長とどこまでも卑劣な前原代表

<堀江メール>永田議員の辞職回避で調整続く 民主党|Exciteニュース

 これに関連し、民主党の野田佳彦国対委員長は27日夜、メールの入手後に黒く塗りつぶして公開したと説明してきた差出人と受取人の欄が入手当初から塗りつぶされていたことを記者団に明かした。

 野田氏は17日の会見で、送受信者欄は見たと言っていたが、これが大嘘だったことになった。とすれば、送受信者も分からないまま、墨塗りだらけのメールを信用して、永田氏に質問をさせたということになるのだろうか。永田氏が思い込みや企みがあってそのまま突っ走ったのは分かるが、国対委員長としてはあまりにもお粗末である。だからこそ、一時国対委員長職の辞意を漏らしたとも言えるが、釈然としない。まだまだ分からないことが多過ぎる。
c0048467_14473.jpg

2月23日付け朝日新聞社説

民主党によると、今回の質問を事前に知らされていたのは野田佳彦国対委員長と前原氏らごく少数だったという。

 野田氏が辞任となれば、質問を事前に知っていた前原氏の責任も不可避となる。前原氏が現執行部体制維持に必死なのもよく分かるというわけだ。やはり卑劣な男である。
156 名前:名無しさん@6周年:2006/02/27(月) 22:17:22

>>146
↓真相はこんなところでしょう(コピペ

永田:「もう勘弁してください。私の判断が甘かったんですから辞職して国民に謝罪します。」
○○:「何言ってんだよ、そんな事したら執行部全体の責任になるだろ。」
△△:「そうだよ、今更お前だけ、いち抜けたとは言わせないぜ。」
◇◇:「お前はメール問題を最後まで追及しますって言うんだよ。」
永田:「しかし、あれガセネタって全国的にバレてしまってますし…」
○○:「大声で泣いて謝れ!お前得意だろ、嘘泣き。」
永田:「…」
◇◇:「俺たちは全員辞めない、党として武部の追及を続ける。」
永田:「えっ、新しい証拠が見つかったんですか?」
△△:「だから今捜してんだろーが。」
永田:「…」
◇◇:「とにかく、後戻りはできねえんだよ。行くしかねえ。」
○○:「分かったな、返事は?」
永田:「…はい…」
○○:「よし、じゃあ記者会見するから付いてこい。」
永田:「トホホ…」

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-28 01:08 | 政治

「彼らが選んだ運命だ 自業自得だろう」

謝罪会見での収拾検討 永田議員進退で民主|Exiteニュース

OB・OG訪問-永田寿康さん(衆議院議員)|Akamon.net

────日本はどうなったらいいですとか、日本をこういう風にしたいといったお考えがあると思いますが、それはどのようなことでしょうか

 失敗した人は責任をとるような「当たり前」の国にしたいですね。「当たり前」って言葉を軽々しく使うべきではないけれども、今の日本というのは、責任をとらないような国になってしまったんですよね。

 今となっては開いた口が塞がらないというものだが、よくよく考えてみれば、永田議員は当初は議員辞職するつもりでいた(「昨夜(22日)、辞職を決めた。もう一度選挙で出直したい」と民主党幹部に伝え、23日辞職会見をセットしていた)。その意味では、まさしく「当たり前」のことをしようとした。しかし、それを前原民主党執行部が潰したのである。間違いなく、自らに責任が及ぶのを恐れた、保身のためである。結局謝罪会見で、誰の首も切らずに済ませようとしている。こんな卑劣なことがあるか。
 僕とか民主党が目指してる社会ってのは、失敗した人が責任を取るっていう社会なんですよ。まあ、失敗した人が責任を取った結果、その責任をとった人が路頭に迷ってホントに生活できないようにもなってしまってはかわいそうだから、もしそうなったら社会みんなで暖かい手を差し伸べて、助けてあげると。生活ができるようにはしてあげると。だけども、その後に今度は、その後に、失敗の教訓を社会に生かしてもらうように、再チャレンジの機会を与えるのも、これもまた、社会の責任だと思うんですよ。

 誠心誠意国民に謝罪をし、贖罪を果たせば、再び国民からチャンスを与えられる可能性はゼロではない。だが、他人から暖かい手を差し伸べてもらうには、もっと自分に厳しくないといけない。このままでは永田議員も民主党も再起不能である。みんな滅びる。
c0048467_071967.jpg
 ↑映画『ヒトラー~最期の12日間~』より
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-27 00:11 | 政治

世紀の決戦

 「携帯」が原因で暴行はたらく輩2人ですが、意味合いが全然違います。片や「携帯命」で、片や「携帯撲殺」。いろんな人間がいるのだとしみじみ思いました。いずれにせよ、公共スペースでの携帯使用のマナーがなっていないことは共通しているようです。ま、たかが携帯ごときで…という感はありますが。この2人の対決が見たかったですね。
「携帯命」の不届き乗客、JAL機の出発1時間遅らす|Yahooニュース

男性客は、同機が滑走路へ向けて動き出した後も、女性乗務員の注意を聞かず、座席で携帯電話の電子メールを打ち続けた。繰り返しの注意で、やっと携帯電話の電源は切ったが、給湯室まで乗務員を追ってきて胸ぐらをつかみ、「もう出てくるな。顔も見たくない」と言ってつばを吐きかけたという。

JR我孫子駅 電車内の携帯電話に腹を立て男性を殴る 男を逮捕|Yahooニュース

調べによると、瀬川容疑者は25日午前9時過ぎ、JR我孫子駅に停車していた電車内で、携帯電話を使用していた57歳の男性の頭を約30センチの金属製の棒で、殴った疑い。男性は、頭を20針以上縫うケガをした。
c0048467_1161629.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-26 01:16 | 社会

あやまれ!! 川西市民にあやまれ!!

中学生が警察に火炎瓶 世の中騒がせたかった|Exciteニュース

 火事がらみで、同じ川西市民として情けなくなる事件がありました。
川西の高2 放火で逮捕 大阪・東淀川署|神戸新聞

「交番放火、俺たちは口だけではない」高校生2人逮捕|朝日新聞

 調べでは、2人は1月14日午前1時ごろ、鉄筋コンクリート造り平屋の同連絡所にガソリンをまいて火をつけ、約20平方メートルを半焼させた疑い。「遊び仲間が交番に放火したと自慢していたが、うそだったことが分かり、自分たちは口だけではないところを見せたかった」と話しているという。

 火をつけた直後、想像以上に炎が上がって髪が焦げ、慌てて逃げた際、生徒の1人の顔が写ったプリクラ写真を張った携帯電話のカバーを現場に落としたことから、2人の関与が浮上した。

 動機も去ることながら、足がついたきっかけもまた間抜けですこと…
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-25 00:21 | 川西・清和台

「民主が間違いで自民が正しいという風潮になるのは避けるべき」

c0048467_0302153.jpg
 見失ってはいけない。問題は武部と堀江の癒着、引いては自民党と堀江の癒着である。その意味で、民主党、いや永田議員は本当にいらんことをしました。追求する資格を失いました。余程の特ダネがないと汚名返上は厳しいでしょう。となると、このままうやむやになりそうな気もします。私が自民党ならば、「永田の首さえ切ればもう何も言わないし求めないから、そっちもライブドアに関してはもう何も言ってくれるな」と取引を持ちかけるでしょう…
「永田騒動」で自滅の民主党、抗議電話も殺到|Yahooニュース

 また、ジャーナリストの櫻井よしこさんは、「永田議員のやる気は分かるが、民主党はこのメールのあやふやさを分かっていたはず。それでも強気に徹した前原代表の政治手法は未熟と言わざるを得ない。ただ、この問題は、武部幹事長らが堀江被告を選挙で公認並みの応援をしたことへの批判でもあった。一連の騒動で、民主が間違いで自民が正しいという風潮になることは避けるべきだ」と語った。

 私の母も言っていた。「これやから民主党は頼りないんや」と。とうとう民主党は国民から見放されるのではないか。野党第1党がこの体たらくでは、実質的には野党不在で、議会制民主主義の危機につながりかねない。

 今回の茶番でほくそ笑んでいる奴は必ずいる。小泉・竹中・武部の高笑いが聞こえてきそうだ。
c0048467_0303659.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-24 00:33 | 政治

さよなら民主党

<党首討論>民主、新証拠示せず メール真偽立証断念か|Exciteニュース

国政調査権に応ずるということであれば我々は、口座名、口座番号も含めて提示をするので、元帳を出してほしいということを言ってきた。なぜ国政調査権に応じないのか。後ろめたくないなら国政調査権に応じて白日の下に明らかにしたらいいと思うが、見解を聞きたい。

 最悪の攻め方である。次のようにそっくりそのまま返されたらどうしたというのか。実際、小泉首相の答えは似たようなものでしたが。
口座名、口座番号の提示に応ずるということであれば我々は、国政調査権に応ずるので、口座名、口座番号を出してほしいということを言ってきた。なぜ提示に応じないのか。後ろめたくないなら口座名、口座番号の提示に応じて白日の下に明らかにしたらいいと思うが、見解を聞きたい。

 犯罪を犯したかもしれない人間に「やってない証拠を出せ」というのでは、やってることは子どもと同じだ。民主党は完全に戦略を誤りました。
【メール疑惑】「戦略ミスだ」 民主党内から、前原氏の辞任求める声も…党首討論、新証拠ゼロで★2

36 :名無しさん@6周年:2006/02/22(水) 23:20:26 ID:6C83RxIP0
「シオン賢者の議定書・プロトコル」
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/seiji/protokor.htm

ナチスは「プロトコル」が偽造文書だということは認めたが、
「そこに書かれている内容はユダヤ人を説明するのに適している」とした。
彼らにとって「プロトコル」は、便利な政治宣伝の道具だったわけである。

以下は、ヒトラー自身の言葉だ。
「プロトコルが偽書? それがどうした? 歴史的に真実かどうかはどうでもよい。
内容が真実であれば、体裁などどうでもよいのだ。」

=========

「メールが偽書? それがどうした? 歴史的に真実かどうかはどうでもよい。
送金が真実であれば、体裁などどうでもよいのだ。」

 永田議員は新たなネタを収集中だとか。誰か止めてやれ。
c0048467_016524.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-23 00:17 | 政治

論点ずらし

民主苦境 「メールの信ぴょう性、立証は困難」|産経新聞

送受信者のアドレスやメールソフトのバージョン情報の一部が不明で「現段階では疑念を抱かれても仕方ない。メールの真偽の議論はやめる必要がある」(党幹部)と判断。メールの真偽よりも口座情報に基づく追及に力点を置く方針に転換することにした。別の幹部は「今、メールを本物と信じているのは永田議員だけだ」とも述べた。

 なんだかこう言ってる様に聞こえる。

 「大事なのはメールの真偽ではない。武部氏に堀江マネーが流れたかどうかなんだ。だから国政調査権発動に同意しろ」

 「武部氏に堀江マネーが流れたかどうか」は重大な関心事だが、そもそもメールを持ち出したのは民主党。論点ずらしに躍起になっているような気がする。

 もちろん、ここで金の流れが証明されればすべてが終わるのだろうが、それだったら最初からそれを公表すればいい話であって、民主党はかなり苦しいのだろうか。今日の党首討論が見ものとも言える。
c0048467_1336027.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-22 00:55 | 政治

ウルトラマン…

 2ちゃんねるで見つけました。「コ」が多いよ、「コ」が。

くわしく見る
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-22 00:12 | 雑記

永田議員の欺瞞

 昨年末のTVタックルで永田議員は、比例区廃止論を語っていた。ただ、永田議員は比例区で復活当選組の一人である。当然、他の出演者から至極当然な指摘がなされた。
永田「比例区はなくすべき」
山本一太「じゃあ比例区で当選した永田さんとしては、口で言うんじゃなくて、次もしこの制度が残っていたら重複立候補しないってことでしょ」
永田「なんの関係がある? まったく意味が分からない」
山本「おかしいじゃないか」

 「まったく意味が分からない」のは永田議員のほうである。「隗より始めよ」という言葉もある。ここで「もちろん重複立候補はしません。小選挙区一本で行きます!!」と言えば、男も上がったのに。

 挙句には、福岡政行氏に「重複立候補しないって言えば済むことなんだから」となだめられる始末。実に見苦しかった。その程度の人である。
c0048467_07579.jpg
 ↑滔々と比例区廃止論を騙る語る永田議員。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-21 00:14 | 政治

面と向かって言われた褒め言葉はあまり本気にしない私

杉村太蔵ブログ

僕は常々、部下として肝に銘じてきたことがあります。それは上司が苦しいときですよ、そんなときこそ、部下は死に物狂いで上司を守り抜く、守るほどの実力がなくても、せめて矢の一本でも自体に受けてですね、ボスを守る、これが杉村太蔵の生き様とでも申しますかね、やっぱり感謝してるんですよ、僕は、武部幹事長に。
衆議院議員杉村太蔵の生みの親は誰が何と言おうと武部幹事長ですよ。

 武部を守ることがイコール国民のためになるのならいいが、いつだってそうである保証はないはずだ。国会議員は上司に仕えるのではなくて、国民に仕える存在なのではないか。
日本国憲法第十五条第2項
すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。

だから、昨日もある特殊任務を拝命しましてね、本会議を欠席してまで、幹事長の命令である町に行ってその難しい任務を果たしてきたわけですが、それもこれも武部幹事長から直々に「すまんけど、頼む」と言われましてね、部下としてこんなに嬉しいことはないわけですよ。夕方、その任務を終えて東京に無事帰還して、職務遂行の一報を入れましてね、そしたら幹事長があの優しい声でね、「おうおう、ご苦労さん、大変だったな、ありがとう」って言ってくれましてね、これはヒラリーマン根性としては痺れないわけがない。

 ガキの使いをこなして、ちょっと頭撫でられたらこれですか。ヒラリーマン時代に味わった悲哀や辛酸を忘れずヒラリーマンの地位向上のために日々邁進するのならいいが、いつまでもヒラリーマン感覚でいられてはたまったものではない。つか、「特殊任務」って何だろ。国民には説明できないことですか? 「本会議を欠席してまで」行くくらいだし。
[PR]
by seiwadai_walker | 2006-02-20 00:24 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30