因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』

武田邦彦『環境問題はなぜウソがまかり通るのか』洋泉社


 「地球環境保護のためです」と言われるとグゥの音も出ない昨今だが、その欺瞞の実態を粉砕するのが本書である。

 ダイオキシンは猛毒ではない、ペットボトルをリサイクルするとかえって資源を消費する、北極の氷が溶けても海水面は変わらないなど、なかなか刺激的。だけど、「なるほど」なのである。

 一番目から鱗だったのは、節電すると石油の消費量が増える?、のくだり。本書の例えを引用するが、石油消費を抑える生活をしようと車に乗らず、電気もまめに節電。結果、一月で2万円が浮いた。2万円を持ってゲームセンターに遊びに行っても、そこで電気を使っては結果同じ事になるし、じゃあ、セーターでも買おうかとしても、セーターも石油でできている。

 どうしようもなくなった2万円を結局銀行に預けた。お金を預かった銀行は、それを他人に貸してその利ざやで利益を上げる。だから預けた2万円は他の人に渡って、車でも買われたらその分石油が使われてしまう。さて、一月で2万円浮いたら年間で24万にもなる。おお、これだけ地球環境保護に貢献したんだから、ご褒美代わりにこの24万円でちょっと海外旅行にでも行こう、となれば、当然飛行機は石油を消費してしまう。

 自分で使えば一度しか使われないので、その分しか石油を消費しないが、銀行に預けると2回使われる。だから石油の消費量も2倍になる。


 これは面白い。

 これじゃ、節約しても意味がないじゃないか、となるが、筆者は細々と節約するのではなく、石油の使用量を減らす生活スタイルへの転換が必要であろうと述べている(もともと日本人はさほど石油を必要としない生活をしてきたわけだから、転換と言うよりは先祖返りか)。

 さらに筆者は究極の温暖化対策は石油が枯渇することだ、とも言う。なるほど、石油を使わなければ、二酸化炭素は出ないわな。そこで、筆者は本当の環境問題とは石油の枯渇であるとする。

 確かに、石油なしに現代の生活は成り立たない。生活の基礎である食もいまや肥料やトラクターなしに成り立たない。もちろん肥料やトラクターは石油なしでは作れない(使えない)。もし石油がなくなればその分生産性が落ちるので、日本の食料自給率は現在の40%から25%にまで落ちるのだという。これこそ大問題ではないのか。いくら植林をして空気をきれいにしても、食べるものがなくては生きていけない。我々が認識している環境問題はどうもピントがズレているようだ。

 最近はこういうニュースも出た。

「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでした|Exciteニュース

日本製紙は07年4月24日に、「古紙100%の再生紙を廃止」と発表した。理由は2つあるという。ひとつは、古紙を何度も再利用しているために再生紙の品質が悪くなっていること。ふたつ目は、古紙100%の再生紙を製造する際には化石燃料(石油・石炭)の使用量が増えて、二酸化炭素排出量が古紙を使わない場合の2倍以上になること。だから「100%」にこだわるのではなく、用途に応じて最適な古紙配合率を決める必要があるという。


 「地球環境保護のためです」と言われてたじろぐ前に、色々確認すべきことがあるようだ。それをすべきマスコミが「地球環境保護のためです」を煽っているのだからザマはないわけで。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-29 01:50 | 読書

悪魔外道は小学生だった

 置き石事件の犯人が捕まりました。呆れたことに小学生でした。先日の置き石事件との関連は不明だそうですが、情けなくて言葉もありません。

小学生2人 線路に置き石 阪急宝塚線|神戸新聞

 二十六日午後六時四十分ごろ、川西市花屋敷一の阪急宝塚線雲雀丘花屋敷-川西能勢口間の踏切で、男児二人がレールの上に石を置くのを、付近にいた女性(38)が見つけ、阪急電鉄の職員に届けた。直後に通りかかった梅田行き急行が石を粉砕したが、けが人やダイヤへの影響はなかった。

 川西署の調べでは、男児二人は同市内の小学三年生。線路内の敷石を置いたという。同署は、二人と保護者から事情を聴くなどして、児童相談所への通告や厳重注意などの処分を決めるという。

 この踏切では二十五日にも置き石があり、同署は関連を調べている。

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-29 00:52 | 川西・清和台

石原知事をキチ●イと喝破していた岡本太郎

岡本太郎と石原知事の「気のふれはお互いさまじゃないか」|Exciteニュース

 メキシコで2003年に発見された岡本太郎の壁画「明日の神話」の特別公開が東京・江東区の東京都現代美術館で07年4月27日から始まった。縦5.5m、横30mの大作で、日本に持ち帰り、修復された。06年に日テレ汐留プラザで公開されたときには200万人が見ている。

 石原東京都知事も駆けつけ、挨拶で「太郎さんの晩年に同席したとき、あなたは気が狂(ふ)れているのが素晴らしいといったら、君もそうじゃないかといわれた」とのエピソードを披露した。


 石原知事は偽悪的なところがあるように思えるので、「気が狂(ふ)れている」というのはいささか過大評価かも。

都知事が自衛隊出動要請の遅れに再度言及|日刊スポーツ

 石原知事は当選後の今月8日の会見で「首長の判断が遅かったから2000人余計な人が死んだ」と発言したが、この部分は「ちょっと数字が違うかもしれない」と釈明。知事選で選対本部長となった「佐々淳行さん(元内閣安全保障室長)の受け売り。詳しくは佐々さんに聞いてください」と述べた。


 本当に「気が狂(ふ)れてい」れば、こんな人のせいにするみたいなチンケなことはしないだろう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-28 00:30 | 石原都知事

悪魔外道め、人の陰徳のさまたげをして

脱線事故追悼の日、福知山線で置き石…いたずら3件相次ぐ|読売新聞

 兵庫県宝塚、川西両市のJR福知山線と阪急宝塚線で25日午後、置き石や踏切の非常ボタン作動による電車の停止が3件相次いだ。

 午後3時25分ごろ、宝塚市平井の福知山線で、木津発宝塚行き快速電車(7両)が線路上の石をはねて止まった。約25分後、北東約1キロの川西市花屋敷の阪急宝塚線で、宝塚発梅田行き急行(8両)が異音を感知して停車、レールに石の粉砕痕があった。ともに間もなく運行を再開、後続への影響はなかった。

 同4時50分ごろには、2件目の現場から南西約500メートルのJR踏切で非常ボタンが作動、新三田発高槻行き普通電車(7両)が止まり、4本が部分運休、21本が最大20分遅れ、約4700人に影響した。


 脱線事故以前から置き石事件の多いところではありましたが(置き石多発、非常ボタン押すいたずらも JR宝塚線|朝日新聞)、この期に及んでまだやるとは、人間のやることとは思えません。こんなことで川西の名が出るのは本当に恥ずかしい。一日も早い犯人の検挙を祈らずにはいられません。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-26 00:10 | 川西・清和台

筆頭株主様からのご提案ですよ…

楽天がTBSに意外な提案 「メディアの公共的使命」要求?|Exciteニュース

楽天がTBS株を議決権ベースで20%以上取得する、と発表した。買い増しを通告した際に提出された「買付意向説明書」には意外な「株主提案」が含まれていた。「コンプライアンス体制が十分でないため、第三者機関の設置を提言する」とも受け取れる内容だ。


 おお、三木谷社長が筑紫哲也をクビにしてくれるのか(違うか)。しかし、TBSのコンプライアンス体制を確立させるために(必要性は充分あるが)、楽天が巨費を投じるはずもなく、どこまで本気なのかはよく分かりませんな。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-25 00:28 | 社会

森田信吾『駅前の歩き方』

c0048467_23235648.jpg

 ずっと探していたマンガをたまたまブックオフで見つけることが出来ました。森田信吾『駅前の歩き方』(ちょっと前までアマゾンのマーケットプレイスで2000円とかいう足元見た値がついてたりしました)。「常食」を求めて日本各地を巡る内容。で、「常食」とは…
c0048467_2324861.jpg

c0048467_23241861.jpg

 旅行は非日常だから、食事も気張って何を食べるか相当考え込むことがしばしば。下調べも念入りに。でも、旅行者向けのそういう気張った食事はそれなりの値段もするわけで、だからといってお金をしこたま持ってるわけじゃないしで、なかなかその辺のバランスが難しい(ま、そこは非日常ということで許容することが多いが)。

 個人的には普段着で食べられる「常食」の方が気楽でいいや。本書で紹介された伊那のローメンなんか美味そうだ。そう言えば南隣の駒ヶ根のソースカツ丼も有名ですね。佐久間ダムを見に行きたいと思ってたところだし(おお、全部飯田線沿線だ)、よし、いつか必ず…。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-22 23:31 | 読書

それを言う前に…

中川幹事長、景観美保護のため「私権制限」も|iza

 自民党の中川秀直幹事長は20日、参院沖縄補選応援で訪れた沖縄県石垣市で講演し、憲法改正をめぐり、自然や景観美保護のための私権制限も検討すべきとの考えを強調した。「私有財産権よりも自然美や歴史的景観が優越する新しい価値観を打ち立てよう。観光を本当に戦略産業にするためには私的権利を制限しなければならない」と指摘した。


 あんたら政治家が日本の景観をコンクリート漬けにしたり滅茶苦茶にしておいて、それへの反省もなく、「私権制限」とか言って恥ずかしくないのかね。

石原知事記者会見録(平成17年6月24日)|東京都

例えば遠州灘を見てごらんなさいよ。後背地が、人家がないようなきれいな海岸線に、何のためかわからんけれどもテトラを埋め込んで、海岸線の景観をめちゃくちゃにしている。使わなくていいコンクリートを使って、アレックス・カー(東洋文化研究家)という人が「日本を愛して」と書いたけれども、日本が使うコンクリート、セメントの量って、アメリカの年間倍だってさ(※)。しなくていい仕事をしてるんだよ。そんな金があったら、ほかへ回したらいいんだ。

※アレックス・カー氏の著書「犬と鬼」では、1994年のコンクリート使用量は、日本で合計9,160万トン、アメリカで7,790万トンであり、面積あたりで比較すると、日本のコンクリート使用量はアメリカの約30倍になると指摘している。(アメリカの国土面積は日本の約25倍)

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-20 23:45 | 石原都知事

外山恒一が今度は熊本に上陸!!

外山恒一また出馬!政府転覆の次は熊本市転覆!?|おもしろコミュニティ 縁count


 今度は熊本市議会議員選挙に出馬だそうです。公式サイトの「良くある質問(Q&A)」が面白い。

都知事選ではいくつかの離島で、「得票2」という結果が出ました。知り合い同士が示し合わせて投票したのなら別ですが、そうでなければまさに「政府転覆ちょっといい話」です。異端的少数派として孤立を余儀なくされていた人が、その閉ざされた空間の中に、少なくとももう一人は確実に仲間が存在することが明らかになったのです。双方の「1人」に云いたい。互いに探せ。いきなりスキンヘッドにしてそれとなくアピールなどしてみると、相手の方から声をかけてくれるかもしれません。


 選挙管理委員会発表によると、なるほど、離島の「得票2」というのは、新島と神津島ですな。確かに、自分が外山氏に投票した島民だったら、もう1人に会ってみたい気もする。でも、檜原村、三宅村と御蔵島では得票1。これは寂しい。まだまだ「異端的少数派として孤立を余儀なくされてい」る人がいる!!

 政府転覆を高々に謳っていますが、共謀罪ができたら、こういう人は逮捕されるのでしょうか?
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-19 00:11 | 政治

平和と言えば平和なのだろうが

11期連続の無投票当選へ|サンスポ

 尾瀬の玄関口として知られる福島県檜枝岐(ひのえまた)村の村長選は、1967年から現在まで10期、無投票当選が続いている。かつて村長選で村を二分し、しこりを残したことが影響したとみられ、17日告示の村長選も16日現在で立候補を表明しているのは1人だけ。連続無投票を更新するか注目が集まっている。

 檜枝岐村で戦後、村長選が行われたのは51年と63年の2回。いずれも同じ顔触れの2人が対決した。住民のほとんどが幼いころから顔見知りという、この村での激しい戦いは「親戚(しんせき)同士の対立を招くなど、村の中に暗い影を落とした時期もあった」(元村長)という。

 旅館経営の男性は「議員選ならともかく、小さい村にとって村長選をしていいことは何もない」と言い切る。


 と言い切っていたのに…

無投票に終止符 44年ぶり村長選 福島・檜枝岐|朝日新聞

 連続10回無投票が続いた福島県檜枝岐村の村長選が1963年以来の選挙戦となった。現職が引退を表明し、前村議会議長で旅館業の星守氏(59)以外に立候補の動きはなく無投票になると見られていたが、17日に前村総務課長の星光祥氏(56)が立候補を届け出たため、2氏の争いとなった。


 ついに選挙。

 しかし、ある意味すごい談合社会だ。地縁血縁も大事ですが、それで政治や行政をやってる時代じゃないですし。地縁血縁の影響を相対的に低下させるためにも、分母の数を増やす、すなわち市町村合併を推進した方がいいのでしょうか。以前取り上げた記事なんかを読むと余計にその感を強くしますな…。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-18 00:16 | 政治

オロカモノ

 週末は体調を崩して、くたばってました。健康が一番デス。

改憲狙う国民投票法案の愚 憲法9条のリアルな価値問え|立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」

 私は9条あったればこそ、日本というひ弱な国がこのような苛酷な国際環境の中で、かくも繁栄しつつ生き延びることができた根本条件だったと思っている。


 そうかなぁ。日米安保があったからじゃないのかなぁ。

 9条がなければ、日本はとっくにアメリカの属国になっていたろう。あるいは、かつてのソ連ないし、かつての中国ないし、北朝鮮といった日本を敵視してきた国家の侵略を受けていただろう。


 ん? 今現在は属国じゃないと言いたげな文章だな。北朝鮮の拉致は、侵略の一種ではないのか。それに、日本がアメリカの属国であると自身が納得していたではないか(下記引用参照)。

第38回 海外メディアが伝えた小泉・郵政解散劇の評判|立花隆の「メディア ソシオ-ポリティクス」

「立花さん、あなたは、日本の政治(政策)を動かしているパワーの中で最大のものは何だと思いますか?」

「アメリカの意志ですよ」

「いかに政治力があろうと、アメリカの意志に反することをする可能性がある政治家は、絶対に総理大臣になれません」

 アメリカの意志が、日本の政治が岐路に立ったときの最大の決定的要因だなどというのは、まるで共産党のスローガン「日本はアメリカ帝国主義の従属国家」の焼き直しみたいだったので、私があっけにとられつつ彼の所説を聞いていた。そのうち共産党の唱える抽象的で図式的な従属国家論とはまるでちがう、リアリティに富んだ日本の従属国家論を例証付きで次々に聞かされて、私はだんだん納得させられていった。


 9条を捨てて「普通の国」になろうなどという主張をする人は、ただのオロカモノである。


 オロカモノって…。なんだか、信じないと地獄に落ちますよ、って言われているみたいで、宗教みたいだ。こうやって護憲派は世間から乖離していくのだろうか。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-04-16 20:40 | 政治
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー