因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

アニメ版『鉄子の旅』を見た

c0048467_2323563.jpg

 アニメ版『鉄子の旅』が始まりました。キクチさんが妙にキャピキャピしとるなぁ。
c0048467_2332138.jpg

 こうして見ると、列車に乗って駅に降りるだけの内容なのに、よくマンガに出来たものだと思う。しかも、マンガの書き手は全然鉄道に興味ないのだから。実際、キクチさんも「マンガなんて絶対書けない」と言ってるし。地味すぎる内容を横見氏といったキャラがカバーしているのだろう。

c0048467_23312354.jpg
 途中、キクチさんが車内で居眠りをしようとするが、横見氏に「まじめにやって!!」と怒られる。要するに車窓をちゃんと見ろということだが、これは分からんではない。夜に乗ったりするとものすごく損した気分になる。

c0048467_23245677.jpg
 横見氏が取り出したるは、乗り鉄御用達の「青春18きっぷ」。ちゃんと3人分スタンプが入っているのがよい。あぁ、どっか行きたくなってきた。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-25 23:32 | テツ

あなたは運転中に電話に出ろとおっしゃるのですか

世界初、運転中の携帯電話使用を取り締まるオービス開発? 違反車を自動撮影 (マイコミジャーナル)

まるで自動速度違反取締装置(通称オービス)のように、道路脇などに設置される同システムは、走行中の自動車から携帯電話の通話信号を感知すると、使用中の携帯電話の通話記録などをレコードすると同時に、GPSレーダーなどにより、実際の違反車の特定を開始。特定車両の運転席に座る、携帯電話で話しながら運転中のドライバーの写真を鮮明に自動撮影して証拠を押さえるとともに、車両後部のナンバープレートも撮影され、違反車の使用者/所有者の検挙に入るという。


 これ、アメリカの話です。まぁ大がかりなシステムですな。

 運転中にかけることはないですけど、かかってきた時はどうしようかと焦りますね。どうでもいい電話は放置しますけど。でなきゃいけない、もしくは出たほうがいい場合は、適当な停車スペースがあればいいんですけど、そういう時に限ってなかなか見つからない。そういうのを見越してか、単にしつこいだけか、2分くらい鳴らし続けられたことがありましたけど…。

 やはり運転中に社長から電話がかかって来た時は、その時は出られなかったので、後でかけ直したら「なんで出えへんねや~」と怒られたこともありましたっけ。そんな無茶苦茶な、と思ったものです。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-21 01:08 | 雑記

宗男氏の反省

鈴木宗男、佐藤優が出版した「反省」の中身 (ゲンダイネット)

 5年前にムネオ疑惑で逮捕、公判中の鈴木宗男議員と佐藤優外務省主任分析官(休職中)のコンビが共著を出版した。

「反省 私たちはなぜ失敗したのか」(アスコム)。題名から、「不正をしでかした反省をつづったもの」と思いきや、中身は「検察があそこまでやるとは思いませんでした」「男の嫉妬、ヤキモチに鈍感すぎました」「外務官僚の無能さは理解を超えていました」「田中真紀子さんとのケンカに乗せられました」――。

 ちっとも反省しているようには見えない。いや、反省したふりをしながら外務官僚の実態を実名・写真入りで暴露しているのだ。

「飯村豊官房長(現フランス大使)は『鈴木先生、田中真紀子を排除してください』と、毎日言ってきた」「坂場三男総括審議官(現報道官)は私の部屋で真紀子さんの悪口を言っている時に、田中さんが入ってきて、ソファーから転げ落ちて、ロダンの『考える人』の格好で固まっていた」「松田邦紀ロシア課長(現イスラエル公使)は料亭で私の前で『ボクちゃん、チャミチイでちゅ』と両足をバタバタさせてオムツを替えて欲しいようなプレーをしておったですね」「ソ連大使だった枝村純郎さんは家の建替中の数ケ月、ホテルニューオータニに住んでいた。外務官僚は半額で泊れた」


 ここぞとばかりの大暴露大会ですね…。もう失うものなんてないんだろうなぁ。すごいなぁ。よっぽど恨んでるんだろうなぁ。利権の中心にいればいるほど、大きな爆弾を抱えられるわけですな。自爆のリスクもあるけど。

 宗男氏のサイトによると、今日「逮捕5周年記念大反省会!」というイベントがあったそうです。誰か行かれた方いらっしゃいませんか?

 関係ないけど、ゴールデンウィークに北海道に行った時も、道東自動車道がこれみよがしに足寄で途切れているのを見て、「あぁ、これもムネオか」と感慨に浸ったものです(足寄は宗男氏の出生地)。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-19 21:45 | 政治

とんだ藪蛇

申し入れ逆効果 破損切手など使用不可徹底を通知 郵政|朝日新聞

 破れたり、汚れたりした未使用の郵便切手をどこでも新品と交換できるようにして――NPO「ひょうご消費者ネット」(神戸市)が日本郵政公社にこんな申し入れをした。公社の約款では汚損切手の交換や使用を禁じているが、実際には「交換・使用OK」の局も多く、窓口対応がバラバラ。「この際、消費者の利益になるよう統一を」という狙いだった。公社の対応は――。


 結果としては「対応がバラバラなのはイカン」ということで、≪申し入れをいい機会として、今月11日、交換・使用を認めないよう各郵便局に文書で徹底した≫のだという。とんだ藪蛇でした。今までは現場レベルの目こぼしで細々とスルーしていたのを、これを既得権のごとく捉えたのが事の誤りでしょう。

 「ゴチャゴチャ言うんだったらやっちゃうよ」的な発想は役人はよくするようで、坂本敏夫『元刑務官が明かす死刑のすべて』という本には、次のような事例を挙げ、役人の本質を捉えない市民運動を諌めています。

 死刑廃止運動を国内だけではなく欧州にまで広げ、いわゆる外圧をもって法務省に死刑執行停止の圧力を掛けようとした死刑廃止運動をする市民グループ。二〇〇一年六月、彼らにとってしてやったりの勧告が欧州から政府に届いた。その項目のひとつに「死刑執行順番待ち状態の解消」というのがあったのである。運動の成功だ! と喜んだのも束の間、結果はこの通り。法務省は勧告を逆手にとって前例のない早期執行をしてしまった。


 ここでいう早期執行とは、通常死刑は確定順に執行されるのだが、≪勧告を逆手にとっ≫た法務省が、「待たせちゃ悪いんだったら次々順番関係なくいきますよ」と前例を無視して順番を繰り上げて死刑を執行したことである。刑事訴訟法では、判決確定後6ヶ月以内の執行を定めているわけで、本来は順番とかは関係ないはずです。それをその通りやっちゃった、というわけ。

 市民運動家は自分が正しいと思ってやっているんでしょうけど、もう少し相手の手の内を読む、というか相手の反応を予測することを学んだほうが良いのではないでしょうか…。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-17 21:28 | 社会

ジョニーデップがドラえもんに出演

デップ様がドラえもんに出演!!|デイリースポーツ

 主演作「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」が大ヒット中のハリウッドスター、ジョニー・デップ(44)が、テレビ朝日系で放送中の人気アニメ「ドラえもん」に“出演”することが14日、分かった。

 デップは、ドラえもんたちが16世紀末の大航海時代のカリブ海に時空移動、そこでしずかちゃんはハンサムな海賊のケネスに恋をするという物語で展開される「海賊大決戦-」に、ケネスの仲間、ジョニー船長として登場する。


ドラえもん&ジョニー・デップ 夢の共演が実現!|テレビ朝日


 ドラえもんは、ほのぼのとした日常を描いていれば、それでいいのに…(映画版は除く)。それに、アニメ化されて出てくるわけで、本物が出て来るわけではないのに、こんなの誰が喜ぶんだろう?

 やることなすことがことごとく痛々しい最近のドラえもん。悲しいなぁ。ううっ…
c0048467_23351176.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-15 23:36 | ドラえもん

鉄道映画を見る

 空前の鉄道ブーム(?)を受け、ヒストリーチャンネルで現在、鉄道特集を放送しています。古い鉄道映画を放送してくれるので、毎回楽しみに見ていますが、なんというか、時代の違いをまざまざと見せつけられた感じです。

c0048467_23555931.jpg
 『ある機関助士』より。遅れを回復して、煙草を一服。当然運転中だ。機械化された現代より、蒸気機関車を操る機関士の仕事ぶりは、まさしく職人技である。だから、煙草を吸ってもなんか絵になる。今やったら間違いなくニュースネタになるが(JR運転士が乗務中に喫煙|新潟日報)。

c0048467_23561044.jpg
 『20系特急あさかぜ』より。「熱をさえぎり、騒音を吸収するために、どの車にもアスベストが吹きつけられ…」のナレーションが入り、アスベストを吹きつける映像。マスクも何もしていない。日立の工場っぽいが、この作業員の方のその後が気になる。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-14 23:57 | テツ

「借金して明日起きるより、今夜食わずに寝よ」ベンジャミン・フランクリン

消費者金融「お客選別」のあおりで パチンコ業界厳しい!|Exciteニュース

 「庶民の娯楽の殿堂」パチンコだが、遊戯人口がここ10年で1000万人以上も減少し、2007年に入っても客離れが止まらないようだ。その理由の一つが「消費者金融がカネを貸さなくなったため」なのだそうだ。風が吹けば桶屋が儲かる、みたいな理屈だが、あながちウソでもないようだ。


「武富士、アイフル、アコム、プロミスの大手四社の成約率は三月時点で平均44%と、申込者の半分以上が審査でふるい落とされた」(日本経済新聞07年5月18日付け)

 つまり、ふるい落とされた中に、パチンコファンが多かったのではないか、というわけだ。

 パチンコ好きは消費者金融をどれくらい利用しているのだろうか。ある大手パチンコチェーンの社員はこう話す。

 「生活費が足りなくなって『パチンコで稼ごう』と遊びに来るお客さんも多い。手持ちが無い場合は、お客さんの一部だとは思うが、消費者金融を利用しているようだ」

 パチンコ・パチスロ歴20年の30代男性サラリーマンはこう話す。

 「パチンコの資金が足りなくなって消費者金融に駆け込む人は、利用者全体の20%はいる感じだ。数年前はもっといたと思う」


 先日、『下流同盟』を取り上げて、「ロードサイドのブックオフでこんな本買ってる俺は下流だ」と言ったが、下には下がいるのか。そういえば、学生時代のバイト先で、サラ金で金借りて風俗に行き倒していた人がいたが、今ごろどうしているのだろう。

 ただ、「パチンコ好きは消費者金融をどれくらい利用しているのか」に関してここで示されているのは、どれも統計データに基づいたものではないので、何とも言えない部分もあるのだが、仮にどれくらいであったとしても、同情はしかねる。それに、この本なんかを読むとサラ金の金をアテにしないとやっていけない業界なら淘汰されてしかるべきだろう。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-12 23:14 | 社会

電車内でのマナー向上は先生の仕事か?

世界一?忙しい日本の先生、授業以外に部活や生徒会指導|読売新聞

 授業以外に多様な仕事がある日本、補習や家庭との関係強化に特化したフィンランド、授業以外の仕事がほとんどないフランス――。日本教職員組合(日教組)の調査で、各国のこんな教師像が浮かび上がった。

 国別に見ると、日本は「部活動やクラブ活動」(65・1%)、「生徒会や委員会の指導」(73・4%)、「地域行事」(58・7%)、「食習慣の指導」(67・9%)など11業務で、かかわっていると答えた教師が7か国中最も多かった。


 色々大変ですなぁ、先生も。

電車内でのマナー向上へ 京都府内の私立中高教諭が生徒指導|Yahooニュース

 電車通学する中学生と高校生の駅構内や電車内でのマナーの向上を図ろうと、京都府内の私立中学、高校の教諭と京都府警鉄道警察隊が8日、生徒が通学に利用する主な駅を回って、行儀や服装を指導した。

 JR山陰線の円町駅では、ホームに座り込んだり、食べ歩きをしていたほか、服装がだらしなかった生徒に対し、教諭と隊員が「ホームでは座るな」「校則ではシャツを(ズボンの中に)入れることになっているだろう」などと、厳しく注意していた。


 鉄道警察隊が一緒だったってのはなんでしょう。いや、全然いいんですけど。先生も公権力がバックにいた方が注意もしやすいのかしら? それとも、タバコでも吸っている生徒を見つけたら、片っ端から補導するつもりだったんでしょうか?

 そうなると、ケンペーくんの出番ですね。
c0048467_22293196.jpg

[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-10 22:42 | 社会

車掌の心中やいかに

列車乗務の車掌が手記配布=「むごい光景、パニックに」-JR福知山線事故で|Yahooニュース

 2005年4月のJR福知山線事故で、列車に乗務していた松下正俊車掌(44)が、事故当時の状況や心境などを記した手記をJR西日本を通じて遺族や被害者に配布したことが9日、分かった。「むごい光景でパニックになった」などと事故の衝撃の大きさを述べているが、謝罪の言葉はなく、今後、遺族らから反発が強まりそうだ。


 マスコミが車掌に怒りの矛先を持って行こうとしているのであれば、それはどうだろう。「むごい光景でパニックにな」るのは無理ないことだが、しかしそういった非常時の対応マニュアルや訓練を施しておくのが会社の務めでもある。怒りの矛先が車掌に行っても、結局はJR西へ返ってくるだろう。

 JR西もJR西である。怒られるのが分かっていながら公表したという。

遺族「あまりに非常識」…車掌手記、謝罪の言葉なく|読売新聞

 社員の1人は「謝罪のない手記では被害者の理解を得られないと思うが、何もしないよりは、当時の状況だけでも伝えるべきと判断した」と説明する。


 怒りの矛先を車掌に分散させるためか、と勘ぐりたくもなる。

妻を亡くした山田冨士雄さん(57)(兵庫県川西市)は、8日夕に担当社員から受け取った手記に目を通し、「自己保身の言葉ばかり。誠意のかけらもない」と怒りを口にした。「心ある人なら、まず私たちの前で謝罪すべき。なぜ出てこないのか。原因を追及し、真の安全を求めようとする姿勢がJRにないから、こんな文章が出てくる。あきれてものも言えない」と、JR西の対応も批判した。


 車掌の本当の心境はどういうものなのかは知る術がないが、1984年5月5日に発生した阪急神戸線六甲駅列車衝突事故では、≪(事故を起こした山陽電鉄の)車掌も直接の責任はないながら、事故を未然に防げなかったという自責の念に駆られ、事故から11日後の5月16日に自社線の特急電車に飛び込み自殺をした。≫という事例もある。会社(組合?)と良心の板ばさみにあるやも知れぬ。ここはひとつ冷静になりたい。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-09 18:28 | 社会

核攻撃から生き残れ!!

高田純『核爆発災害―そのとき何が起こるのか』中公新書


 帯がすごい。
c0048467_32656100.jpg

 でもなぁ、大概はあきらめるのではないか。即死、もしくは放射線障害で後に死亡、といった具合に。それでも筆者はあきらめるな、と言う。広島の原爆投下の際、爆心地近くにいながらも生還した人の事例を挙げ、核爆発のメカニズムの解説を交えて、核爆発という絶体絶命の状況下でのサバイバル法を示してくれている。

 個人的には、広島、長崎には残留放射能がないことが、ずっと前から不思議でなかったのだが、これについても解説がなされており、目からウロコであった。つまることろは、空中核爆発と地表核爆発の違いだそうだ。詳しくは長くなるので、本書をあたってください。

 ちなみに、核攻撃事態に関する情報は、首相官邸から2系統で発信されるのだという。普通に考えれば、首都なんて格好の核攻撃目標ではないのか。筆者も指摘しているが、東京が核攻撃されたら、国民保護の情報はそこで途絶することになる。こんなので大丈夫なのだろうか?

 もちろん、日本が核攻撃を受ける事態なんぞ想像もしたくない。外交努力は必要だ。しかし、テロリストが小型核爆弾で攻撃する場合はどうか。テロリストと外交交渉なんてできるのか。そういえば、お隣には核兵器を持ったテロ国家もあるし。自分としても北朝鮮の核攻撃で死ぬなんてまっぴらだ。その意味でも本書は有用と言える。

 筆者が示すサバイバル法は多岐にわたるので、ここでは紹介しきれない。とりあえずは、地下へ逃げろ、昆布を食え、ってとこか。一応、国民保護ポータルサイトにも、核爆発の際の対処法は載っている。参照されたい。
[PR]
by seiwadai_walker | 2007-06-08 03:28 | 読書
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31