因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

どうなるびわ湖ホール

1億円、福祉?トゥーランドット? びわ湖ホールに波風

 同ホールが新年度に上演する自主制作オペラ、プッチーニの「トゥーランドット」とR・シュトラウスの「サロメ」。計3日間の公演予算は約1億9500万円。入場料収入で賄えるのは2、3割にすぎず、県税から半分以上の1億円を拠出するという。

 06年度の調査では、同ホールの入場者は46対54で県外客が過半数。しかも食事・宿泊はお隣の京都となれば、経済波及効果の恩恵にも、地元はあまりあずかれない。

 一方、5千万円あれば、県が10月から自己負担を2倍に引き上げる乳幼児医療費を据え置くことができ、1億円なら無料化も可能、と県側は議会で答弁した。自民系会派だけでなく、福祉優先を主張する議員は多い。


 びわ湖ホールは好きなんで、気になるニュースだなぁ。まぁ確かに初めて見たら、そのごっつさに「どんだけ金かけたんや」と思わずにはいられないかも。でも、ロビーから眺める琵琶湖は格別のものがあるし…。でも滋賀県民でオペラを見る人なんて、福祉を必要とする人と比べたら相当限られるだろうし…。

総事業費332億円。起債した地方債の残高は約160億円で、全額償還まであと20年。


 単純計算で全額償還までの20年間に、年8億円が投じられるのか…。払わなくちゃいけない物なのは分かるけど、こっちの方も大概な気がするが。びわ湖ホールに投じる税金が「もったいない」と言うなら、その原因となるハコモノを作ったのが失敗だったわけで、総事業費332億円の方がよっぽど「もったいない」。建設に賛成した人間は、その責任から逃れられないでしょう。

 「びわ湖ホールか乳幼児医療費か、と問われれば、乳幼児医療費でしょう。知事のマニフェストからはそういう結論になります」と、知事与党「対話の会・びわこねっと」の沢田享子代表。「でも、びわ湖ホールを造れ、造れ、と推進してきたのはどこの誰なのか」と、自民系会派を暗に批判する。

[PR]
by seiwadai_walker | 2008-03-19 04:00 | 音楽

第2回伊福部昭音楽祭

 何回も書いてますが、私は作曲家・伊福部昭を敬愛してやみません。昨年に引き続いて伊福部昭音楽祭が開催されるというならば、当然参加するのが義務と言えましょう。

c0048467_0121848.jpg
 今回はサンライズで行きました。過去何度か乗ってますが、この日は大阪から乗車する人がずいぶん多かった感じ。急行銀河廃止の影響でしょうか? しかし、鹿をはねて列車は13分遅れで到着。波乱の予感…
c0048467_0123932.jpg

 会場は杉並公会堂なので、荻窪へ移動です。が、新宿駅で人身事故発生とかで中央線は運転見合わせとか。なんてこった。

 時間に余裕があったので、適当に時間をつぶしていると運転再開。ようやく会場に到着。
c0048467_0161046.jpg
c0048467_0162634.jpg

 音楽祭は、コンサートはもちろん、映画上映あり、シンポジウムありで、まさしく祭。コンサートはゴジラ第1作の音楽がオリジナルスコアで演奏されたのが良かった。「ゴジラの恐怖」は是非ともオリジナルスコアで聴いてみたかったのだ。

 シンポジウムとギターコンサートが被っていたので聴けなかったことと、メインコンサート以外は自由席、先着順だったので、その都度列を作って待たないといけなかったのには参りましたが、満足できる内容でした。永続することを願ってやみません。
c0048467_0221535.jpg
 帰りはN700系で。席番が見やすくなっていいですネ。
[PR]
by seiwadai_walker | 2008-03-18 00:25 | 音楽
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31