因果応報な日々

seiwadai.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

伊勢湾フェリーに乗る

 宮脇俊三中央構造線を辿る紀行文(「中央構造線の旅」)を昔読んで以来、同じ旅をやってみたいと思っていた。中央構造「線」といっても、地面に線が引かれているわけではないが、自然が構築した痕跡を辿るのもなかなか興味深いものだと思っていたのだ。

 そういえば、以前行った飯田線も中央構造線をかすめているではないか。中央構造線は豊橋から先は伊勢湾を横断している。じゃあ今度は伊勢湾を渡ろうか。青春18きっぷも1日分余っていることだし。

 伊勢湾を渡るには現状、伊勢湾フェリーしか手段がない。架橋計画もあるらしいが、まぁ無理だろう。

 が、この伊勢湾フェリーが9月末で廃止になるという。高速道路休日1000円で乗客が減ったからとのこと。地元自治体が存続を求めて色々動いているのでどうなるのか分からないが、廃止されては中央構造線を辿れなくなってしまう。乗るならお早めに、だ。

c0048467_23432971.jpg
 というわけで、出発。亀山からの参宮線直通列車は1両で押し合いへし合いの満員。多気で座れたが、車内は満席だ。赤福の社長が以前、参宮線を廃止しろ、とか言っていたがバカも休み休み言え、である。

 憤慨していたら伊勢市で乗客がほとんど降りてしまって一気にガラガラに。あれあれ? 大丈夫か、これ。

c0048467_23434919.jpg
 鳥羽駅からフェリー乗り場までは徒歩10分ほど。鳥羽水族館の前にある郵便ポストはラッコが乗っかっていた。

c0048467_2344376.jpg
 ちょうどお昼なので、フェリーターミナルのレストランで伊勢うどんセットを。大盛りが欲しいなぁ。


 鳥羽港出港の様子。報道によれば、廃止後は社員は解雇されるとのこと。この船員さんたちの将来の多幸を祈らずにいられない。

c0048467_1352343.jpg

c0048467_23445443.jpg
 伊良湖のフェリー乗り場は道の駅と併設。

c0048467_23444173.jpg
 せっかくなので、伊良湖岬の伊良湖岬灯台へ。私は結構岬ファンなのだが、ここはもうひとつ先っちょ感がなくて残念な岬だ。今のところ、ベストワンは襟裳岬である。

c0048467_23453059.jpg
 道の駅に戻り、少し歩き疲れたので、焼きアサリをアテにビールをゴクリ。あぁ、うまい。

c0048467_23454470.jpg
 カメとメロンでカメロンか…。カメはカメでもウェルかめに出てた倉科カナがいいぞ。その倉科カナもよゐこの濱口に…。くそっ。

c0048467_2346342.jpg
 閑話休題。伊良湖岬から豊橋へは、バスと豊橋鉄道を乗り継いだ。どうも周りは結構テツが多そうだ。向かいの人は、新潮社の『鉄道旅行地図帳』を見ているし。適度に空いた車内は快適で、寝不足な上にビールを飲んだもんだからついウトウト…。

 しかし、帰りが大変だった。米原から乗った新快速が彦根駅で足止め。安土駅で濃霧のため車両点検とかで12分延発。濃霧で車両点検ってどういうことだろう? やれやれと思ったら、京都駅では先行の特急列車が向日町駅付近で異音検知のため、車両点検で足止め。45分延発。車内はお疲れモード。それが祟ったのか、高槻駅で急病人救護で60分延発。最後に一気に疲れました。

c0048467_2347169.jpg
 大荒れの発車案内。大阪駅にて。「業務連絡。前から2両目でお客様が倒れています」。えぇ、大変じゃないか。ホームも大荒れであった。
[PR]
by seiwadai_walker | 2010-04-17 23:59 | テツ

2010年飯田線の旅 その4

c0048467_115034.jpg


c0048467_1143537.jpg さて、田本駅である。私は2007年10月に小和田駅と共に訪れている。その時は駅を出てすぐの分かれ道を左に進んだのが運の尽き、あまりの急傾斜の道と倒木に進む気をなくしてすぐに駅に戻るという苦い思い出がある(右写真)。なので、今回は右に進んでみようというわけ。

c0048467_1181585.jpg
 前回の教訓を生かし、今回は右へ。先には吊り橋があるという。(上の写真は2007年10月に撮影したものです)

 こっちは下りである。おお、楽じゃないか。ん、柵なんか前来た時はなかったぞ。ちょっとずつ秘境駅も開発されつつあるのか。

c0048467_115333.jpg
 やっぱり倒木だ。まぁ、行く手を遮る程ではないが。

c0048467_115459.jpg
 立派な吊り橋じゃないか。純粋な利用者は何人くらいだろう!?

c0048467_1155515.jpg
 その吊り橋からの眺め。時が止まったかのようだ。…が、ここからがキツかった。延々と上り坂なのである。軽い登山である。お土産がパンパンに詰まった旅行バッグを肩からぶら下げた友人たちが気の毒である。まぁ、企画したのは自分なんだけど。こんなこともあろうかと、自分はリュックサックで馳せ参じた訳で。諸君、秘境駅をナメてはいかんよ。

 何分歩いたか分からんが、舗装された道に出た時はこの上ない安堵を覚えたものだ。文明との再会。で、またこの舗装された道をしばらく歩いて…

c0048467_116179.jpg
 なんてささやかな看板なんだ。駅といえば町の顔、玄関口ではないのか。

c0048467_1163039.jpg
 しかも、この道が駅に行く道とはとても思えん。

c0048467_1164731.jpg
 で、この道がとんでもない急傾斜の下り坂。膝に来るなぁ。その途中でさっきの吊り橋がはるか眼下に見えた。どんだけ登ってきたんだ、俺たちは。ていうか、またあそこまで下っていくのか…。

c0048467_1165831.jpg
 みなさん、ぐったりと座り込んでいますね。お疲れ様でした。

2010年3月14日(日)
飯田8:47(1426M)9:11天竜峡9:22(1506M)10:14小和田11:20(511M)12:05金野12:55(544M)13:09田本15:27(554M)18:13豊橋18:20(5129F)19:12名古屋19:35(のぞみ59)20:26新大阪

[PR]
by seiwadai_walker | 2010-04-15 01:21 | テツ
line

とりあえず何か書き綴ります…


by seiwadai_walker
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31